みなさんはYouTuberの「あめんぼぷらす」をご存知ですか?

 

最近勢いを伸ばしている、野球系・スポーツ系YouTuberです。

 

野球強豪校出身のしょーたさんと、幼なじみでテニス全国経験者のおまつさんの2人が、野球部あるあるなどを紹介しています。

 

中でもやっぱりしょーたさんの経歴って気になりますよね。

 

強豪野球部出身というだけあって、高校や大学はどこでプレーしていたのかすごく気になります。

 

しかもイケメンですからね!ちょっと天然ですが!笑

 

今回はそんなしょーたさんの経歴や現役当時の活躍についてまとめてみました。

 

まずはしょーたさんのプロフィールから

 

【本名】羽谷勝太(はたに しょうた)

【生年月日】1996年7月23日

【出身】大阪府枚方市

【身長】178cm/78kg

 

 

野球系YouTuberとして活躍するあめんぼぷらす

あめんぼぷらすの2人は2018年の11月よりYouTuberとして活動しています。

 

当初は検証系の動画が多かったのですが、2人がバズるきっかけとなったのが

 

野球部 寮生活のリアルなモーニングルーティン【野球部あるある】

 

 

 

2019年2月に投稿されたこの動画は、3月末までに20万再生に到達するほどの大ヒット!

 

それから半年たった8月現在では70万再生という数字になっていますよね。

 

野球強豪校に在籍していたしょーたさんだからこそ知る、野球部のリアルな寮生活。

 

監督がいないときはサボりがち、練習した形跡を残す、野球経験者だったらよくわかりますよね~(笑)

 

そして何よりスイングがキレイ!

 

野球をガチでやっていたということが一目でわかるというのも、バズった要因の1つだと思います。

 

硬球+木製バットの組み合わせっていいですよね!打球音が気持ちいい!

 

他にも自主トレあるあるや夜練あるあるなどを紹介したり、上手なサボり方をレクチャーしたり。

 

この人、サボり方に関してはプロレベルなんじゃないでしょうか(笑)

 

 

神戸弘陵ではキャプテン!兵庫県選抜にも!

そして気になるしょーたさんの経歴なのですが…

 

しょーたさんの本名は羽谷勝太

 

TikTokに#羽谷勝太というタグがあったり、ジュノンボーイコンテストに出場したとも言っているので、特に隠しているわけでは無さそう。

 

本名を知っていると高校や大学などはすぐに出てくるのですが、個人的に気になったきっかけが高校時代の代表合宿の話です。

 

 

 

しょーたさんは高校時代に県の選抜に選ばれ、海外遠征を経験したそうなのですが、

 

その時のメンバーが、現在プロ野球で活躍する

 

松本航投手(明石商→日体大→埼玉西武ライオンズ)

甲斐野央(東洋大姫路→東洋大→福岡ソフトバンクホークス)

岸田行倫捕手(報徳学園→大阪ガス→読売ジャイアンツ)

 

という超豪華なメンバー。ドラフト1位が2人に、もう1人もドラフト2位ですからね。

 

そして県選抜メンバーの一覧を見てみると…

 

 

 

羽谷勝太の名前を発見!

 

 

本当にそうそうたるメンバーに囲まれていたんですね。

 

 

さて羽谷勝太というお名前で調べてみると、高校は神戸弘陵学園高校とすぐに出てきます。

 

神戸弘陵といえば、甲子園に5度の出場歴のある強豪校です!

 

代表的なOBには中日ドラゴンズの山井大介選手など。

 

他にもサッカーやバレーの強豪校として知られています。

 

最近は女子野球部がめちゃくちゃ強いみたいです。

 

大淀ボーイズでジャイアンツカップを制覇した島野愛友利さんも、この神戸弘陵高校女子野球部に在籍中とのこと。

 

 

 

 

 

しょーたさんはこの神戸弘陵で外野手としてプレーしていました。

 

これはまた別の動画でいっていたのですが、しょーたさんは小学生の時に野球を初め、中学生までは投手をしていたそうです。

 

ですが高校進学後はほぼ野手1本で、1年生の頃は内野もやっていたそうですが、2年生になるころにはすっかり外野手となっていたといいます。

 

しかも新チームではキャプテン!

 

県選抜といいキャプテンといい、かっこいいエピソードしか出てきませんね~

 

あんなにサボっていたとは思えない(笑)

 

ただ3年生の最後の夏は、2回戦で自打球を股間に当ててしまい、なんとそのまま入院

 

(股間がソフトボール大にまで腫れあがったそうです)

 

なんとか2回戦は勝利したものの、続く3回戦では自身が試合に出場できないまま2-0で敗退しています。

 

 

愛工大では1部リーグ昇格に貢献!

そして大学はというと、スポーツ推薦で愛知工業大学へと進学したみたいです。

 

高校にしても大学にしても動画内でハッキリと学校名を言うことはありませんが、あまり隠そうとはしていないのかな?

 

さて附属高校の愛工大名電は高校野球では超有名ですが、大学の愛工大もなかなかの強豪。

 

2019年春シーズンの愛工大野球部は、

 

愛知大学野球連盟の1部に所属し、9勝3敗・勝ち点4で99年秋以来のリーグ優勝を達成しています。

 

春の全国大会となる全日本大学野球選手権大会でも1回戦で東日本国際大学に勝利!

 

2回戦では佛教大学に敗退してしまいましたが、全国クラスの力を持ったチームのようです。

 

監督は91年パリーグ首位打者であり、同校のOBである平井光親氏。

 

平井監督はしょーたさんが3年生の時に就任してきたみたいですね。

 

下級生の時はまた別の監督だったのですが、平井監督就任後もサボりテクを磨いていたのでしょうか?笑

 

 

さて注目すべきはしょーたさんの現役時代の活躍です。

 

愛工大は2018年秋季シーズンで2部優勝を果たし、1部昇格を決めたのですが、その立役者となったのがまさにしょーたさんなのです。

 

この年4年生だったしょーたさんは、秋季シーズンでは好調をキープし、主にレフトで試合に出場。

 

打順も終盤は5番が定位置になりましたが、シーズン終盤の活躍は本当に見事なものでした。

 

 

愛知大学野球連盟の2部はAリーグBリーグに別れていて、シーズン終了後に両リーグの1位同士がプレーオフで対決することになっています。

 

そしてそこに勝利したチームが1部リーグの入れ替え戦に挑めるというわけですね。

 

愛工大は2018年の秋季シーズンで最終戦に勝利し、2部Bリーグの1位を決めたのですが、

 

その最終戦のヒーローは間違いなくしょーたさんです。

 

まず4回表に先制のソロホームランを放つと、1点リードで迎えた9回の守備ではあわやの大飛球を超ファインプレー。

 

しょーたに始まりしょーたに終わる活躍で、愛工大をBリーグ1位に導きます。

 

 

 

そして続くAリーグ1位の東邦大学とのプレーオフ。

 

そこでのしょーたさんの活躍はというと…

 

初戦では1-1で迎えた8回表に、決勝点となるタイムリーツーベース

 

2戦目でも2-2の同点で迎えた7回裏に、勝ち越しの2点タイムリーツーベースを放ち、2連勝でプレーオフを突破に大きく貢献します。

 

 

 

さあいよいよ愛知大学との1部リーグ入れ替え戦です。

 

1戦目を2-1で勝利、2戦目は2-5で敗退し、両者崖っぷちの中行われた3戦目。

 

この試合は序盤から愛知大学が猛攻を仕掛け、2回終了時点で0-5と一方的な展開だったのですが…

 

6回に1点、7回に2点を返して2点差に詰め寄ると、

 

8回裏、先頭のしょーたさんがバットを折りながらセンター前にヒットを放ち、9番打者のタイムリーで生還。

 

これで1点差に詰め寄ります。

 

さらに9回裏、四球で先頭打者が出塁し、続く打者もライト前で続いて1・3塁の状況を作ると、しょーたさんの犠牲フライをでまず同点に。

 

さらに7番打者がタイムリーを放ち、見事な逆転サヨナラ勝利!

 

この勝利によって愛工大は1部リーグ昇格!同時にしょーたさんの大学野球もここで幕を下ろしました。

 

 

 

高校はまさかの形で引退となりましたが、大学野球は最高の形で引退することができたみたいで。

 

動画ではおもろい野球のお兄ちゃんという感じですが、やるときはやってくれる男です。

 

 

いかがでしたか?

野球系YouTuberとして勢力をどんどん拡大しているあめんぼぷらす。

 

他の野球系YouTuberも高校や大学を調べるとすごい成績を残していることは多いのですが、卒業からここまで間もないうちにYouTube活動をしてくれるのも珍しいのではないでしょうか。

 

大学の1部昇格のヒーローがそのままYouTuberですよ!

 

当時からたくさんの人が応援してくれていたでしょうし、これから応援してくれる人もますます増えていくと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。