気が付けばほぼ毎クール、主人公やヒロインの声を担当している声優の和氣あず未さん。

 

本人にも“癒し”という言葉がピッタリと当てはまるようなかわいらしさを持っていますよね。

 

そんな和氣あず未さん、素の演技力はもちろんのこと、なにかと演技がエロいと話題になっています。

 

たしかにお色気シーンの多いアニメにも出演していましたが、どれほどのものなのでしょうか。

 

まずは和気あず未さんのプロフィールから

【生年月日】1994年9月8日

【出身地】東京都

【血液型】O型

【所属】東京俳優協同組合

 

超売れっ子声優となった和氣あず未

2015年、アイドルマスターシンデレラガールズ片桐早苗役でデビューした和気あず未さん。

 

アイマスというビッグコンテンツで、華々しいデビューを飾りました。

 

片桐早苗もアニメで初めて声が付いたいわゆるサプライズボイス組で、担当Pの方はさぞ驚いたのではないでしょうか。

 

 

 

さてそれから4年ほどが経ちましたが、いまの和気あず未さんの勢いはすごいですよね。

 

気が付けばほぼ毎クール、主人公orヒロイン役の声を担当しているような気がします。

 

2016年の「おしえて!ギャル子ちゃん」ではじめて主演を射止めると

 

2017年10月から始まった「ブレンド・S」では主人公の桜ノ宮苺香役を好演。

 

天然なドSキャラを務めました。

 

さらに2018年1月からの「ウマ娘 プリティーダービー」でも主演のスペシャルウィークを担当。

 

ゲームアプリかされたり、リアルでのLIVEイベントがあったり、大盛り上がりした作品でしたね。

 

 

 

この時点でも2クール連続で主演を務めていて、かなり勢いがあるなと感じていたのですが、、、

 

今クール(2019年春)ではさらに

 

みだらな青ちゃんは勉強ができない (主人公:堀江青)

世話やきキツネの仙狐さん (ヒロイン: 仙狐)

 

と2作品でメインを張っています。

 

他のアニメでも主要キャラを務めることが多く、ウィキペディアの出演作一覧は太字でいっぱいです。

 

しかもどのキャラも雰囲気が違っていて、前情報なしで視聴して和氣あず未さんと気付かなかったことも。

 

ブレイクするにはやはり理由があるのか、演技の幅はすごく広い印象です。

 

和氣あず未の演技がエロいと話題に

さてそんな和気あず未さんですが、演技にすごく色気があると評判です。

 

本人の見た目はふんわりとした癒しオーラがあふれているのですが、演技となるとかなりきわどいのです。

 

個人的に始めて気になったのが「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」での演技。

 

このアニメでは和氣あず未さんレム・ガレウというキャラクターを演じていました。

 

 

黒い髪と豹(ヒョウ)のような耳を持ち、14歳ながら年齢以上に幼い見た目をしているのが特徴です。

 

 

また異世界魔王にはもう1人ヒロインがいて、もう1人はシェラ・L・グリーンウッド

 

 

エルフ族の少女で、レムとは打って変わって抜群のスタイルを持ちます。

 

ちなみに担当声優は芹澤優さん。

 

 

さてこのアニメでは主人公のディアヴロ一行がいろいろとトラブルに巻き込まれていくのですが、

 

問題解決に尽力したディアヴロに対して、レムとシェラが元気づけようとするシーンが何度かありまして…

 

 

このシーンでは和氣あず未さんも芹澤優さんも(ディアヴロ役の水中雅章さんも)なかなか頑張っています。

 

 

でもこのアニメの真骨頂は儀式の瞬間かもしれません。

 

物語の終盤、ディアヴロがレムの体に魔力を送り込むというシーンですね。

 

 

レムの身体に封印された魔王を解放するための儀式なのですが、ここでのレムのがもう…

 

 

ちょっとこれ以上の画像はとても載せられないのですが、もう完全に行為中のそれでした。

 

間違えて大人のビデオか何かを流してしまったのかと。

 

ストーリーの展開上、すごく大事なシーンのはずなんですけどねw

 

新たに収録されたボイスもやっぱりエロイ!

エロでいうと、現在出演中の「みだらな青ちゃんは勉強ができない」なんてあからさまですよね。

 

もうタイトルからして狙っています。

 

 

 

(しかも原作だと『みだら』にはちゃんと漢字が使われているのですが、放送コードに引っかかったのでしょうか)

 

主人公の青ちゃんこと堀江青がいけない妄想を繰り広げながら、クラスメイトの木嶋拓海のやさしさにひかれていくお話です。

 

1話冒頭から幼少期の青ちゃんが「あおかん」なんて言い出したときには、もうどうしたものかと思いました。

 

ただ本編を見た限りでは、セリフ回しは面白いけどそこまであからさまにエロイというわけではない感じ。インパクトでいえば異世界魔王の方が強かったかな~

 

1番インパクトがあるのは津田健次郎さん演じるお父さんなんですけどねw

 

 

でも青ちゃんはかわいいし、木嶋くんはメインヒロインだし、なかなか面白いアニメです。

 

 

どちらかといえば世話やきキツネの仙狐さんで仙狐さんを演じているときの方が色っぽい気がするような…

 

耳や尻尾をモフられたときの声がすごくグッときますね。

 

 

こちらも癒しを求める人におすすめのアニメです。

 

 

むしろここ最近で1番ヤバいのはゲーム「アズールレーン」の鈴谷でしょうか?

 

 

鈴谷はこの5月より声が実装されたキャラクターなのですが、これがなかなか…

 

メールの通知をしてくれるセリフがあるのですが、メールが届いているというだけなのになぜか艶っぽい声が漏れ

 

さらに好感度が上がっていくと、もはや誘っているとしか思えないようなセリフが飛び出してきます。

 

頭の中が真っピンク」なんて言われていますね。

 

 

最初は普通なのですが、1分45秒くらいからスイッチが入り始めますねwメールは2分37秒くらいから。

 

本当に癒し系の見た目とは裏腹に、キワドイ演技の出来る声優さんです。

 

ただ演技がエロい・エロくないにかかわらず、演じるキャラクターの幅はすごく広い。どのキャラクターも同じような演技に感じることが全くありません。

 

素の演技力が高いからこそ、こういったお色気シーンも際立つのでしょうか。

 

 

 

いかがでしたか?

いまや毎クールのようにメインキャラクターの声を務めている声優の和氣あず未さん。

 

素の演技力も高く、さらに色気のある演技にも定評があります。

 

あのかわいらしい容姿からは想像がつきませんよね。

 

きっとこういう方が、何年も先も残っていくんだと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。