2019年3月12日、ピエール瀧さんがコカイン使用によって逮捕されました。

 

あれから1か月がたち、ピエール瀧さんは先日に保釈もされたのですが、それ以上に注目されているのが相方の石野卓球さんの行動ですよね。

 

ツイッターでの意味深な発言の数々、さらにこのタイミングでのドイツ旅行。

 

どうも穏やかではないのです。

 

いったい彼は何を考え、なぜこのような行動をしているのでしょうか。

 

まずは石野卓球さんのプロフィールから。

【生年月日】1967年12月26日

【出身】静岡県静岡市

【高校】静岡学園高校

【所属グループ】電気グルーヴ

【相方】ピエール瀧

【事務所】ソニー・ミュージックアーティスツ

 

ピエール瀧の逮捕で業界に衝撃走る

2019年3月12日、衝撃的なニュースが入ってきました。

 

なんと俳優のピエール瀧さんが、コカイン使用で逮捕されたというのです。

 

俳優として超が付くほどの売れっ子だったピエール瀧さんは、進行形で大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』にも出演していました。

 

播磨屋店主・黒坂辛作役ですね。

 

 

結局NHKは代役を立てて急遽取り直し、何とかドラマのストーリーには影響を及ぼさなかったのですが、いろいろな意味で大打撃を受けているのは間違いありません。

 

静岡朝日テレビの冠番組「ピエール瀧のしょんないTV」も急遽打ち切りが決定。今後公開予定だった映画も代役を立てて公開予定とのことです。

 

 

 

もちろんその影響はテレビや映画だけにとどまらず…

 

ピエール瀧さんの活動の原点ともいえる電気グルーヴでも、全国ツアーが中止になってしまいました。

 

3月15日、16日に予定されていた『電気グルーヴ30周年“ウルトラのツアー”』のZepp Tokyo公演が中止。

 

今年は電気グルーブ30周年、全国ツアーにもかなり気合を入れていただけに、残念でなりません。

 

 

ピエール瀧さんも電気グルーヴでの活動の時だけは、芸名を結成当初の『ウルトラの瀧』に戻して活動するほどだったのですが。

 

電気グルーヴの相方・石野卓球さんも、さぞ落ち込んでいるに違いありません…

 

 

と思いきや、何やら石野卓球さんのツイッターがすごくはっちゃけているみたいで。

 

奇妙な言動の数々が、ファンたちを心配させています。

 

もともと破天荒なキャラクターでしたが、それでも様子がおかしすぎるような。

 

いったいどういうことなのでしょうか。

 

ピエール瀧逮捕後の石野卓球のツイッター

ピエール瀧さんが逮捕された直後、石野卓球さんはそのことについて言及することはありませんでした。

 

せいぜいイベントの中止の発表をお知らせを、「だとよ」の一言を添えてつぶやいていたくらいです。

 

 

 

 

ピエール瀧さんの逮捕に怒っているのか、それとも何も話すことはないと黙秘を決め込んでいるのか。

 

まあこういった対応も石野卓球さんらしいといえばらしいのですが。

 

でもファンとしては心配ですよね。

 

このまま電気グルーヴが解散となってしまえば、立ち直れないファンだっていたと思います。

 

 

しかし石野卓球さん、しばらく沈黙していたかと思えば、急にツイッターが元気になり始めます。

 

ピエール瀧さん逮捕から10日近くがたったころでしょうか。

 

『電気グルーヴは人生』などといい、人生初のタトゥーを入れたことを紹介、

 

 

 

 

さらにドイツのベルリンにいることまで明かしていました。

 

確かにドイツはテクノが盛んな国で、電気グルーヴもドルトムントで開催された最大級の屋内レイヴイベント『MAYDAY』に参加したこともあります。

 

ピエール瀧さんがケンタウロスの着ぐるみを着て登場し、翌日の地元紙の一面を飾ったそうですね。

 

ドイツのDJウエストバム(現地の国民的DJ)もご自身のインスタグラムに石野卓球さんとの写真を投稿しています。

 

 

 

これらを見る限りだと、電気グルーヴの解散はあり得なさそうですね!少し安心しました。

 

ですがなんでこのタイミングでドイツなのでしょう?

 

捜査の手を逃れるためにドイツへ高飛び!?

石野卓球さん曰く、ドイツに来たのは「余命いくばくの友人に会うため」だそうです。

 

たしかに友人想いなところはある人ですけれど、どうしてこのタイミングなのでしょうか。

 

当然、石野卓球さんのツイッターにもそういった疑問の声が寄せられていたのですが、石野卓球さんは

 

「しばらく仕事キャンセルになってんのに日本にいる必要ある?容疑者の相方は自宅でじっとしてろってか?」

 

と返答、ちょっと納得してしまいました。

 

無言を貫くという選択肢もあったのに、あえてドイツに行っていることを宣言する当たりさすがだと思います。

 

 

でもやはりこの件を懐疑的に見ている方も多いようで。

 

報道によれば、ピエール瀧さんはコカインを20代のころからコカインを使用していました。

 

ピエール瀧さんにコカインを提供した人も女性も逮捕されているのですが、その方は電気グルーブ他、多数のテクノ系アーティストのつながりがあったことが分かっています。

 

もちろん、石野卓球さんとも知り合いだったでしょう。

 

しかも女性が逮捕されたのはピエール瀧さん逮捕から10日後の3月22日。

 

石野卓球さんがツイートを積極的に行うようになった時期と被っています。

 

もしかして、捜査の手から逃れるためにドイツへ高飛びした?薬が抜ける時間を作るためにドイツに滞在している?

 

そういった推測も出てきているのです。

 

仕事がキャンセルになって時間ができたことは確かなのでしょうが、そこにはどんな理由が隠されているのでしょうか。

 

ピエール瀧の釈放を喜ぶ石野卓球

その後も石野卓球さんは自由奔放にツイッターで遊び始めます。

 

4月に入ってからはフォロワーとの戯れが始まり、引用ツイート機能を利用してはいろいろと遊んでいました。

 

 

 

 

 

ピエール瀧さんに関連するツイートも少しずつ多くなり、4月2日にピエール瀧さんの事務所からの解雇が決まったときには

 

 

 

 

ブランコ イ ネグロ

 

これは、スペイン語で「白と黒」の意味だそうです。

 

白いブランコだけに、「ブランコ(白)」と「ブランコ(遊具)」を掛けた単なるダジャレなら良いのですが…。

 

石野卓球さんが白で、ピエール瀧さんが黒というブラックジョークなのかもしれません。

 

まあ意味深に見せかけて意図がないなんていうのも、石野卓球さんならばあり得そうですけどね。

 

こういうものを発信することによってこうした世間の推測を楽しんでいるのでしょうか…。

 

 

ピエール瀧さんが保釈されたときには

 

 

石野卓球さんなりに相方の保釈に喜んでいるみたいです。

 

決してピエール瀧さんのことを擁護するわけでもなく、でも相方なりに「頑張ってくれ」というエールを送っているのでしょう。

 

 

そして4月8日、石野卓球さんはツイッター辞めますと宣言。

 

そこから現在に至るまで、一切のツイートを行っていません。本当に好き放題やっていきましたね。

 

 

しかしまだまだ石野卓球さんへの向けられた疑惑が消えたわけではありません。

 

電気グルーヴが再び活動していくためには、石野卓球さん自身に潔白を証明してもらわなければ。

 

その真実は、これから明らかになっていくでしょう。

 

 

いかがでしたか?

世間を騒然とさせたピエール瀧さんの逮捕。

 

それに伴って、相方の石野卓球さんの行動も大きく注目されるようになりました。

 

ですが石野卓球さんはそんな状況ですらもツイッターで大暴れ。

 

これはパフォーマンスなのか、それとも自身に向けられた疑惑を払うためなのか。

 

いずれにしても真相はこれからわかってくることでしょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。