山梨放送の人気アナウンサー、ハードキャッスル・エリザベスアナ。

 

1度聞いたら忘れないくらいにインパクトのあるお名前なのですが、芸名なのでしょうか?それとも本名?

 

しかもかつては子役として活躍していた時期もあったんだとか。

 

今回はいろいろと気になるハードキャッスル・エリザベスアナについて、詳しく調べてみました。

 

まずはハードキャッスル・エリザベスアナのプロフィールから

【生年月日】1992年4月9日

【血液型】O型

【身長】161cm

【出身】東京都

【出身校】成城大学

【所属】YBS山梨放送

スポンサーリンク

 

イギリスと日本のハーフで本名

ハードキャッスル・エリザベスアナは2015年に成城大学からYBS山梨放送へと入社しました。

 

名前のインパクトもさることながら、その美しい顔立ちもあってたちまち人気アナに。

 

最近では週刊誌の地方アナ特集で「山梨No.1アナ」とも評されていたそうですね。

 

またローカルアナながら全国放送に出演する機会もあり、特に『踊る!さんま御殿!!』で彼女のことを知ったという方も多いのではないでしょうか。

 

 

そんなインパクトのあるハードキャッスル・エリザベスという名前なのですが、実は本名

 

お父さんがイギリス人お母さんが日本人のハーフだそうです。

 

ちなみにミドルネームが「さつき」とのことで、正確に表記すると

 

ハードキャッスル・さつき・エリザベス

 

となります(名字から表記した場合)。

 

一気にかわいらしい名前になりました。

 

スポンサーリンク

子役として活動も挫折を経験

そんなハードキャッスル・エリザベスアナは、実は子役時代があったそうです。

 

2001年~2003年まで、NHK教育『英語であそぼ ゆかいなファミリーラップトーン!』に出演していました。

 

 

小学3年生~5年生くらいの時でしょうか。

 

エリー」という役で出演していたようです。

 

この名前は今でもハードキャッスル・エリザベスアナの愛称として使われていますね。

 

そして何より、当時からすごく可愛いですね

 

小学生とは思えない、大人っぽい顔立ちをしています。

 

 

他にはバンダイの女の子向けのおもちゃ「hobby gilrs」のイメージキャラクターを務めたり、

 

15歳以下の女の子たちがさまざまなテーマでトークを繰り広げる『U-15.F スキにさせて!』という番組にも出演していました。

 

この2つに関しては「エリザベス泉」という名義だったそうです。

 

 

いや、本当に小学5年生とは思えない(笑)

 

 

ただ芸能界の難しいところなのか、いずれの番組も2003年ごろに終了。

 

それ以降は仕事のオファーがほとんどなくなってしまい、挫折も味わったと語っています。

 

山梨No.1アナウンサーとして

芸能活動は順調ではなかったみたいなのですが、綺麗な顔立ちはそのままに順調に大人へと成長。

 

大学1年生の時にはミス成城にも輝きました。

 

 

そして2015年に山梨放送に入社し、今に至ります。

 

現在は『ててて!TV』や『わくドキやまなし』などを担当し、山梨の魅力を存分に伝えてくれていますね。

 

ルックスやキャラだけでなく、山梨愛でも「山梨No.1アナ」の名にふさわしい存在になりつつあります。

 

いつか全国の人に山梨の魅力が伝わると良いですね。

 

 

 

いかがでしたか?

ローカルアナながらその美しい顔立ちとインパクトある名前で全国クラスの人気となったハードキャッスル・エリザベスアナ。

 

かつては子役をしていたこともあるなど、その美しさは昔から変わらなかったようです。

 

今後の活躍にも期待していきたいですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。