シングルマザータレントとして活躍する小倉優子さんに、新たな熱愛が発覚しました。

 

2017年の3月に離婚し、あれから1年半ほど。

 

1人で子育てに奮闘する中、新たなパートナーとの愛も育んできたようです

 

お相手はどんな方なのでしょうか、詳しく見ていきましょう。

 

まずは小倉優子さんのプロフィールから

【名前】小倉優子(おぐら ゆうこ)

【生年月日】1983年11月1日

【血液型】B型

【身長】162cm

スポンサーリンク

 

かつては不思議ちゃんキャラだった小倉優子

2001年にスカウトされ、グラビアタレントとして活躍していた小倉優子さん

 

当時は「こりん星」から来たお姫様という不思議ちゃんなキャラクターでしたね。

 

明らかに作られた設定なのに、小倉優子さんの声と雰囲気だけで成立させていました。

 

その後こりん星キャラも徐々に視聴者から飽きられると、「コリン星=千葉県」と語るなど徐々に設定を壊していき、また別のキャラとしてテレビで活躍します。

 

そして今までのキャラからは一切イメージが結びつかない「投資」の勉強を始め、投資関連のテレビや雑誌などにも登場するようになります。

 

もともとは将来のことを考えてのことだったそうですが、素のキャラクターが意外とインテリジェンスにあふれていてびっくりしました。

 

スポンサーリンク

2011年にイケメン美容師と結婚

そんな小倉優子さん、2011年に美容師の菊地勲さんと結婚します。

 

菊池勲さんといえばカリスマ美容師として知られ、都内で美容院を経営するほどのやり手。

 

しかもお顔もイケメンと、かなりのハイスペックです。

 

2012年には長男が誕生し、2016年には第2子の妊娠も発表。

 

順調な夫婦生活を送っていました。

 

 

ただ、事情をよく知る人多たちからはずっと「浮気」を心配されていました。

 

菊池勲さんほどの男性ともなると相当モテるでしょうし、何より本人も少しチャラい部分があったとのこと。

 

しかも菊地勲さん、実はバツイチで、その時の離婚理由が菊地勲さんの浮気でした。

 

小倉優子さんは「絶対大丈夫ですよー」といっていましたが、周囲の悪い予想は的中することに。

 

 

2016年の8月、まだ小倉優子さんのお腹に次男がいるにもかかわらず、菊地勲さんが不倫が発覚してしまいます。

 

しかもその相手がよりにもよって小倉優子さんの事務所の後輩アイドル

 

男性として最低の行為に、小倉優子さんには同情の声が集まるとともに、「やっぱりな」という声も多々漏れていたとか。

 

結局2017年3月に離婚が成立し、小倉優子さんは芸能活動を再開することとなります

 

(次男は2016年11月に無事誕生しています)。

 

40代歯科医師との熱愛が発覚

芸能界に戻ってきた小倉優子さんはシングルマザータレントとして活動していました。

 

旦那の浮気話や離婚エピソードなどを語る姿に哀愁が漂っていましたね。

 

30代になってもママになってもその美貌は変わらないのに、なぜか悲しげなオーラが出ていました。

 

それでも子育てをしっかりとやっていたことは視聴者にも伝わったようで、好感度は高かった印象です。

 

 

しかし離婚から1年半たった2018年8月、新たな男性との熱愛が発覚します。

 

お相手は40代の歯科医師。

 

イケメンという情報はなく、むしろフットボールアワーの岩尾望さんとNON STYLEの井上裕介さんを合わせたような顔とのこと。

 

それでも、とても穏やかな心を持っていて、患者さんからの信頼も厚いといいます。

 

知り合ったのは共通の知人が開いた食事会とのこと。交際は6月ごろからなので、3カ月を迎えたあたりでしょうか。

 

すでに2人の子供とも顔を合わせており、2人とも懐いているという情報もあります。

 

ということは、再婚を前提とした交際なのでしょう。

 

前回の菊地勲さんとの結婚は、小倉優子さんが浮足立っていたような印象でした。

 

当時は30歳が近づいていたころでしたから、結婚を焦っていのかもしれません。

 

それに比べると、今回の熱愛は頭の切れる小倉優子さんらしい、堅実なお相手のように思えます。

 

今度こそ女性として、母親として、幸せをつかむことができるでしょうか。

 

 

 

 

いかがでしたか?

前回の結婚こそ多数の心配の声が上がっていたものの、今回は堅実な男性を選んだ小倉優子さん。

 

持ち前のしたたかさで芸能界を生き残ってきた彼女ですから、今度こそは間違いのない相手なのでしょう。

 

素敵な家庭にしてほしいですね。

 

最後まで読んできただき、ありがとうございました。