ここ数年、コメンテーターとして多数の番組に出演している古市憲寿さん。

 

本来は社会学者として番組に呼ばれているはずなのですが、炎上につながるようなコメントを連発して話題になっています。

 

それでも番組に呼ばれ続けるのもすごいのですが。

 

彼はいったいなぜ炎上発言を連発してしまうのでしょうか。

 

まずは古市利寿さんのプロフィールから

【名前】古市憲寿(ふるいち のりとし)

【生年月日】1985年1月14日

【血液型】O型

【身長】170cm前後

【出身地】東京都

【大学】慶應義塾大学環境情報学部

【大学院】東京大学大学院総合文化研究科修士課程

スポンサーリンク

 

普段は社会学者として活動する古市憲寿

古市憲寿さんは慶應義塾大学の環境情報学部を経て、東京大学大学院総合文化研究科の博士課程を修了します。

 

この経歴だけを見るとなんだかすごそうな感じがしますね。

 

実際に2010年に出版された書籍『希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想』では大きな注目を集めていました。

 

自身でピースボードに乗り込み、そこで実際に起きた出来事をルポしながら、「共同体」について論じていました。

 

翌年の『絶望の国の幸福な若者たち』でも、若者の「生き方」や「幸せ」に対してユニークな持論を展開しています。

 

そしてこれらの著書が注目を集め、2012年ごろからテレビへの出演が増え始めました。

 

「朝まで生テレビ!」をはじめとして、さまざまな政治関連の番組に出演していきます。

 

当初から他の学者とは少し違った視点から、あえてずらしたようなコメントをすることが多かった印象ですね。

 

スポンサーリンク

炎上につながった数々の発言

しかしここ数年は炎上につながるような発言も増えてきました。

 

しかもほかの芸能人のように天然で失言してしまっているわけではなく、これを言ったら炎上するな」とわかったうえで発言しているように見えるのです。

 

世間の反応を予測しつつも、それを避けずにズバズバとコメントしていきます。

 

これぞ炎上商法といった感じですね。

 

特に炎上につながったものをいくつか紹介しましょう。

 

小沢一郎大激怒問題

2016年の参院選を前に行われた「ネット党首討論」という番組の中での出来事です。

 

この番組では自由民主党・安倍晋三首相らも参加するなど、ピリピリとした雰囲気の中で政治的な議論が行われていました。

 

しかしそんな中、古市憲寿さんは「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎代表に対して、

 

「再婚相手は見つかったんでしょうか?」

 

と全く関係ない質問を投げかけてしまいます。

 

これには小沢一郎氏もむっとした表情になり、当然この質問にも答えませんでした。

 

その後、古市憲寿さんはスタッフから手渡されたカンペを読み、

 

「これ読んだほうがいいんですか?このとおりに読んだほうがいいの?」

「先ほど小沢代表に対しまして、大変失礼な発言をしました。発言撤回して心よりお詫び申し上げます」

と一切心のこもらない謝罪を始めます。

 

小沢一郎氏もこれには

 

「そんな言い草ないでしょう」

 

と大激怒。

 

本人なりの意図があっての質問だったそうですが、その後の謝罪の態度で大物政治家を怒らせてしまいました。

 

ハーフ差別発言問題

ある番組でウエンツ瑛士さんと共演した古市憲寿さん。

 

番組内でウエンツ瑛士さんの幼少期の写真が公開されたところ

 

「ハーフってなんで劣化するのが早いんでしょうね」

 

と発言。

 

もちろんウエンツ瑛士さんをいじるだけの発言だったのですが、これが「ハーフを差別しているのでは?」と波紋を呼んでしまい、

 

ついには古市憲寿さんの指導教員である瀬地山角教授(東京大学大学院総合文化研究科)が謝罪コメントを出すほどの事態となりました。

 

てるみくらぶ内定取り消し問題へのコメント

2017年に起きた格安旅行会社「てるみくらぶ」に内定が決まっていた大学生50人が、一斉に内定取り消しになってしまった時のこと。

 

フジテレビ「とくダネ」に出演した古市憲寿さんは大学生に対して

 

「元々見る目が無かった学生だったのかなあって」

 

とバッサリ切り捨ててしまったのです。

 

これには視聴者のみならず共演者たちですら大激怒。

 

アシスタントの梅津弥英子アナは

 

「今、ちょっと怒りがわきました」

 

と発言すれば、新人だった海老原優香アナでさえも

 

「学生たちは内定を取るために死にものぐるいでやってて」

 

とコメント。

 

番組の進行で頭がいっぱいのはずの新人アナにこれほどのことを言わせてしまうほど、無神経な発言でした。

 

どうして古市憲寿はテレビに出続けられる

このように炎上ネタには事欠かない古市憲寿さん。

 

ですが、いったいなぜテレビに呼ばれ続けるのでしょうか

 

ただ炎上させるだけなら別に古市利寿さんでなくても構わないはずです。

 

古市憲寿さんの強みといえば、やはり良くも悪くも空気を読まないコメントです。

 

確かにその言い方を不快に感じる方は多いかもしれませんが、他の人が空気を読んで言えないことを平気でコメントしてくれます。

 

忖度なんて一切ありません。

 

最近だと安室奈美恵さんについてのコメントが顕著でしょうか。

 

古市憲寿さんも昔から安室奈美恵さんのファンだったそうで、ベスト盤もしっかり購入して全曲聞いたようです。

 

しかし、そのベスト盤については「いい曲もあったし、昔の歌い方の方が良かったと思う曲もあった」と素直なコメント。

 

確かに今の芸能界には安室奈美恵さんのことを少しでも悪く言うようなコメントでは許されない雰囲気があります。

 

そんな中でも空気を読まずにコメントできるのが古市典敏さんの強みです。

 

そこに「モラル」なんてありませんし、中には「人としてどうなの?」と思ってしまうようなこともあります。

 

視聴者からは相当嫌われていることでしょう。

 

 

 

 

ですが番組からすれば炎上を恐れず(むしろ炎上まで計算して)発言できる貴重なコメンテーターです。

 

炎上するときも古市憲寿さんが1人で炎上するだけで、番組ごと炎上することはありません。

 

炎上すれば番組が話題になる、でも炎上するのは古市典敏さん1人。

 

番組サイドからすれば意外と使いやすいタレントなのでしょうか。

 

いかがでしたか

どんな番組でも炎上を恐れずコメントする古市憲寿さん。

 

好感度は相当低いのですが、番組への出演はこれからも続いていくでしょう。

 

後は本人がこのキャラにどれだけ耐えられるかですね。

 

もはや社会学者という肩書なんて一切関係なくなってきていますが、これからもこの道を突き進んでいくのではないでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。