フリーとなった女子アナのなかでも、よく活躍が話題になる「カトパン」こと加藤綾子さん。

 

フジテレビを退社しフリーとなったのが2016年4月ですから、早いものでもう2年以上が経過しました。

 

バラエティ番組の司会や進行役はもちろんのこと、最近ではテレビドラマにも活躍の場を広げているみたいです。

 

アナウンサーであった彼女が女優デビューしただけでも注目度は高いのですが、いったいどんな演技をするのでしょうか。

 

今回は女優・加藤綾子の可能性に迫ってみましょう。

 

まずは加藤綾子さんのプロフィールから

【本名】加藤綾子

【生年月日】1985年4月23日

【血液型】O型

【身長】166cm

【出身】埼玉県三郷市

 

スポンサーリンク

かつてはフジテレビのエースアナウンサーだった

加藤綾子さんは2008年~2016年までフジテレビのアナウンサーでした。

 

入社当初から抜群の人気を誇り、フジテレビ人気アナの登竜門である「〇〇パンシリーズ」に起用されたほか、2年目からは現在も出演している「ホンマでっか!?TV」のMCを担当。

 

2012年からは「めざましテレビ」のメインキャスターに就任し、名実ともにフジテレビエースアナウンサーとして活躍していました。

 

高島彩さんの後任として、パーフェクトな仕事っぷりだったと思います。

 

その天性の華やかさで多くの視聴者を虜にしていましたね。

 

好きな女子アナランキングでも常に上位に位置していたほどです。

 

しかし当時は多忙過ぎた故に、生放送中に失神しかけたこともあったといわれています。

 

そんな多忙な毎日におさらばしたかったのか、2016年4月よりフリーアナウンサーに転身。他局の番組にも出演するようになりました。

 

フジテレビ時代と変わらぬバラエティ力、そして変わらぬ美貌で、番組を盛り上げてくれています。

 

スポンサーリンク

2018年は女優業にも本格進出

そんな加藤綾子さんですが、フリー2年目となる今年からはなんと女優業にも挑戦しました。

 

TBSより4月から放送されたドラマ「ブラックペアン」にて、治験コーディネーター「木下香織」役として登場。

 

いきなりドラマの主要キャラクターを演じることとなり、一躍話題となりました。

 

さらに同月に1つはなんとNHKの朝の連続テレビ小説「半分、青い。」にアナウンサー 役として出演。

 

劇中の設定では1989年だったため、メイクや髪形はかなりバブリーだったのが印象的でした。

 

女優・加藤綾子の演技の評価は

立て続けに話題作へ出演したとはいえ、加藤綾子さんの演技の評価はどうなのでしょうか。

 

「ブラックアペン」というドラマ自体は、かなり評価が高かったですね。

 

嵐の二宮和也さん主演の医療ドラマで、そのストーリーの面白さ・奥深さは多くの視聴者を引き付けました。

 

キャスト陣も二宮和也さんのほか、竹内涼真さんに葵わかなさんといった話題の方々が名を連ねます。

 

間違いなく、今年の春ドラマのトップでした。

 

ですがこのドラマでの加藤綾子さんの演技には賛否両論ありますね。

 

純粋な演技力のこともあったのですが、やっぱり違和感のほうが強かったという方が多いようです。

 

アナウンサー・加藤綾子をテレビで見過ぎてしまったがゆえに、ドラマでは違和感を覚えてしまったのかもしれません。

 

ただアナウンサーらしい活舌の良く聞き取りやすいセリフ回しには好印象を覚えた方も多いです。

 

それに劇中の「木下香織」という役がどこかミステリアスな雰囲気でしたので、加藤綾子さんの活舌の良さ知的なルックスとは相性バッチリでした。

 

セリフに抑揚のない感じも、逆にマッチしていたと思います。

 

それが演技の評価かといわれれば微妙なところですが、少なくとも批判されるほどの演技ではなかった印象です。

 

豪華なキャスト陣の中でも、彼女らしい存在感は放っていたのではないでしょうか。

 

 

いかがでしたか?

女優業に挑戦し、厳しい声も多数あった加藤綾子さん。

 

今後も女優業を積極的に行うのでしょうか?

 

注目していきたいところです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。