目下、日本シリーズ4連覇中。

 

チームとして脂が乗り切っている福岡ソフトバンクホークス。

 

特に育成出身の選手が大活躍しているのも印象的ですよね。

 

2020年のドラフトでもなんと8人の選手が育成指名を受けました。

 

そしてその育成ドラフト8位で指名されたのが中村亮太選手。

 

最速151km/hを誇る能力のある投手ですが、何と親戚に中村勝広氏を持つという、注目の選手です。

 

ということはあの美女タレントとも親戚ということに…?

 

今回は中村亮太選手に注目してみました。

 

【生年月日】1998年5月18日

【身長/体重】180cm/76kg

【出身】千葉県

【高校】千葉経済大学付属高校

【大学】東京農業大学北海道オホーツク

育成ドラフト8位・中村亮太

2020年ドラフト、福岡ソフトバンクホークスは育成ドラフトを含めなんと13人もの選手を指名しました。

 

2020年は日本シリーズ4連覇を果たしましたが、チーム力の強化に抜かりはありません。

 

それにソフトバンクは育成出身の選手が活躍できる環境も整っていますので、どんな選手が出てくるか楽しみですね。

 

 

さて今回注目するのはその13人の選手のうち、最後に指名された中村亮太選手です。

 

東京農業大学北海道オホーツクでは主力投手として活躍。

 

 

最速151km/hのストレートキレのあるスライダーを持つ、本格派投手です。

 

こんな選手が育成8位なんて、大学野球のレベルもすごく高くなりましたね。

 

東農大オホーツクといえば、周東佑京選手の出身大学でもあります。

 

周東佑京選手が4年生の頃、中村亮太選手が1年生だったとのこと。

 

育成ドラフトで先輩後輩同士で指名を受けるなんて、これ以上の刺激はないでしょうね。

 

また同大学からは西武ライオンズドラフト6位でタイシンガーブランドン大河選手も指名を受けています。

 

 

中村亮太の親戚がすごい

また中村亮太選手はあの野球界の大御所を親戚に持つといいます。

 

その人物とは、中村勝広氏。

 

阪神タイガースでは名セカンドとして活躍し、その後も阪神・オリックスで監督やGMを務めた人物です。

 

プロ野球ファンならば、1度はその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

 

 

どうやら中村亮太選手のお爺さんが、中村勝広氏と兄弟だったということで。

 

亮太選手から見て、勝広氏は大叔父にあたるということですね。

 

(勝広氏から見れば大甥)

 

亮太選手が幼少期の頃から勝広氏が家に遊びに来てくれていたみたいで、「カッちゃん」なんて呼んでいたそう。

 

 

そして中村勝広氏といえば、あのタレントと親戚であることも話題になりました。

 

ご存知、小倉優子さん。

 

 

かなり遠縁の親戚みたいで、小倉優子さんのお爺さんと中村勝広氏のお爺さんがいとこ同士とのこと。

 

勝広氏のお爺さんということは、亮太選手から見れば高祖父(こうそふ:ひいひいおじいちゃん)ということでしょうか?

 

思っている以上に遠いですねw

 

 

どちらにしても、親戚に有名人がいると、それだけで心強いものです。

 

そういえば中村亮太選手の出身もコリン星千葉県ですね。

 

高校時代は千葉経大附属のエースとして活躍しました。

 

いまはまだ育成ドラフト8位の選手ですが、偉大な親せきからの応援を背に、這い上がってきてほしいです。

 

 

 

いかがでしたか?

育成ドラフト8位でホークスに指名された中村亮太選手。

 

ポテンシャル的にいいものを持っていることは間違いないですので、それを磨いていってほしいですね。

 

そして大叔父に負けないくらい、長く活躍できる選手になってほしいものです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。