横浜DeNAベイスターズで中継ぎ投手として活躍する砂田毅樹投手。

 

しかしそんな砂田投手に、金銭トラブルが報じられてしまいました。

 

過去には女性トラブル疑惑も浮上していた砂田投手。

 

ベイスターズの若き中継ぎエースに、いったい何が起きているというのでしょうか。

 

まずは砂田投手のプロフィールから

【本名】砂田毅樹(すなだ よしき)

【生年月日】1995年7月20日

【身長/体重】180cm/85kg

【出身】北海道札幌市

【高校】明桜高校(秋田県)

【所属】横浜DeNAベイスターズ (2014~)

 

DeNA砂田毅樹に金銭トラブル報道!

DeNAベイスターズの中継ぎ左腕として活躍する砂田毅樹投手。

 

2013年の育成ドラフト1位ながら、いまやチームにとって欠かせない存在にまで成長しています。

 

特に2017年シーズンは62試合に登板して25ホールド。

 

日本シリーズでも6戦中5戦に登板して、強力なソフトバンク打線をしっかりと抑えました。

 

この年から田中健二朗投手の調子が落ちてきていましたから、砂田投手の成長はチームにとってかなり大きなものでしたよね。

 

2018年シーズンはチーム最多の70試合に登板。

 

三嶋一樹投手や三上智也投手、スペンサー・パットンエドウィン・エスコバーらと共に強力なリリーフ陣を形成し、

 

守護神の山崎康晃投手につなぐ盤石の体制を作り上げました。

 

 

しかし2019年5月、そんな砂田投手に金銭トラブルが報じられました。

 

報じたのはNEWSポストセブン。

 

内容によると、どうやら都内で金融コンサルタントを営んでいるAさんという方が、砂田投手を含む3人に対して訴訟を起こしているというのです。

 

このことが影響したのかは定かではありませんが、今シーズンの砂田投手は成績がいまいち。

 

4月中頃から打ち込まれるシーンが目立ち始め防御率は5点代後半、2軍落ちまで味わってしまいました。

 

いったい何が起きているのか、詳しく見ていきましょう。

 

砂田毅樹が詐欺行為に加担?砂田の父親が主犯か

事の発端は2019年の2月ごろのこと。

 

砂田投手のお父さんがAさんに対して「5000万円を貸してほしい」と交渉してきたそうです。

 

もちろん何の脈絡もなく金を貸せと言ってきたわけではなく、その目的は「不動産の購入」でした。

 

お父さんは砂田投手の引退後のことも考えて、今のうちから横浜市内のアパートを購入しようと考えていたといいます。

 

そこで銀行から融資を受けるための準備金として、5000万円をAさんから借りたいという話でした。

 

すでに不動産仲介業者とも話はついていて、後は銀行から融資してもらうだけという状況だったんだとか。

 

 

さて時期も時期だったためプロ野球は春季キャンプの真っ最中だったのですが、Aさんは砂田投手本人とも直接テレビ電話で話す機会も設けました。

 

すると砂田投手本人にもアパートの購入の意思ありと確認でき、交渉が成立。

 

砂田投手が取締役を務める資産管理会社と、金銭消費貸借契約を交わしました。

 

(砂田投手、会社の取締役も務めていたんですね)

 

貸出金は予定通り5000万円、期日は3か月後の4月5日に設けます。

 

 

しかし期日を過ぎても、一向にお金が返済される気配がありません。

 

というよりもアパートを購入したという話すらも出てきません。

 

Aさんがお父さんに確認をとっても、何かと理由をつけて逃げ回るばかり。

 

ついには連絡が一切取れなくなってしまったといいます。

 

怪しんだAさんは銀行に確認したところ、そういった融資の申請は全くなかったとの回答。

 

もはや完全に詐欺行為ですよね。

 

そのため、Aさんは5月になって砂田投手・砂田投手のお父さん・不動産仲介会社の3人に対して訴訟を起こしたのです。

 

 

 

というのが事件の全容みたいです。

 

この話を聞いたほとんどの方がこう思うでしょう。

 

「砂田、関係ないじゃん」

 

実際砂田投手が出てくるシーンといえばテレビ電話で話しているところくらい。

 

原因のほとんどは砂田投手のお父さんです。

 

よくある名前を貸していただけというパターンそのままですよね。

 

ではなぜ、砂田投手本人まで訴えられてしまったのか。

 

Aさん曰く、「契約を結んだのは砂田投手が代表を務める会社であり、テレビ電話で確認もしている、知らなかったでは済まされない」とのことでした。

 

たしかに砂田投手を巻き込んで話を大きくして、注目度の高いニュースにした方がお父さんの逃げ場もなくなるとは思いますが…

 

本人からすればいい迷惑ですよね。

 

なお球団からは代理人弁護士を通じて

 

「本人の預かり知らない、根拠のない請求として、争う所存です」

 

とコメントを出していました。

 

過去には女性トラブルも起こしていた砂田毅樹

実は砂田投手、過去には女性トラブルにも巻き込まれていました。

 

2016年の夏ごろ、まだ砂田投手が1軍で駆け上がろうとしているころのことですね。

 

なんと砂田投手と交際していたという元彼女が、妊娠していることをツイッターで暴露したのです。

 

 

 

しかも砂田投手は産むことを認めず、彼女には中絶してほしいと言ったという話も飛び出しています。

 

 

当時暴露された写真はいくつかあり、どれも砂田投手本人であることが確認できます。

 

 

 

しかもインスタには動画まで

 

砂田投手、これはうかつでしたね。

 

この女性と交際していたことはまず間違いないでしょう。

 

ただ妊娠させたことや中絶発言があったことまでは事実かどうかわかりません。

 

実際に球団から何かおとがめがあったわけではなく、その後も普通にプレーしています。

 

むしろ砂田投手はこの年以降、大活躍でしたよね。

 

2016年:17試合 2勝2敗 防御率3.78

2017年:62試合 1勝2敗25ホールド 防御率4.12

2018年:70試合 0勝2敗24ホールド 防御率3.61

 

女性トラブルが起きてからこれだけの成績を残せるとは…なかなか図太い。

 

ですが金銭トラブルになるとガクっと成績が落ちてしまうのは意外でした。

 

2019年:13試合 1勝0敗1ホールド 防御率5.73 

(6月6日時点)

 

これが関係しているかどうかはわかりませんが、これから調子を上げてビシっと活躍してファンを安心させてほしいものです。

 

 

(追記:)

6月13日に今シーズン2度目の2軍落ちとなってしまいました。

 

依然として調子が上がらず、厳しい状況が続いています。

 

このトラブルだけでなく、2年で130試合以上に登板した疲労も影響しているのでしょうか?

 

 

いかがでしたか?

シーズン序盤から調子が上がらないうえ、金銭トラブルまで週刊誌に報じられてしまった砂田毅樹投手。

 

過去には女性トラブルにも見舞われており、プロ6年目にして2つ目ですね…

 

ですが今回は完全にとばっちりです。ここでしっかりと活躍して、ファンを安心させてほしいものです。