NHK「あさイチ」でおなじみだった有働由美子アナ。

 

今年3月に「あさイチ」卒業とともにフリーアナウンサーとなり、この10月からは日本テレビ「news zero」のメインキャスターに就任しました。

 

朝の顔としておなじみだった有働由美子アナが、日本テレビ夜の帯番組へ。

 

このギャップも話題を呼び、どうやら初回の視聴率は好調だったみたいです。

 

しかし油断は禁物。

 

これからもこの視聴率をキープできるとは限りませんし、何より直前にはキャスト陣にトラブルがあり、前途多難なスタートを切りました。

 

今後も順調に放送できるかどうか、それは有働由美子アナにかかっています。

 

まずは有働由美子アナのプロフィールから

【生年月日】1969年3月22日

【血液型】O型

【身長】162cm

【出身地】大阪府

スポンサーリンク

 

あさイチからnews zeroへ

2018年3月までNHKの朝番組「あさイチ」でMCを務めていた有働由美子アナ。

 

V6の井ノ原快彦さんとのコンビネーションが抜群で、和やかな雰囲気が評判を呼んでいました。

 

後任の博多華丸・大吉のMCもいいですが、やっぱり現在の有働由美子アナのイメージを固めたのはこの番組かと思います。

 

 

しかし番組を3月で卒業すると、同時にNHKも退社。

 

フリーとして半年ほど活動したのち、この10月から「news zero」のメインキャスターに就任することとなりました。

 

(2018年9月までは「NEWS ZERO」、10月から「news zero」に改称された)

 

 

有働由美子アナにとっては民放番組の初レギュラー。

 

しかも朝のイメージが強い有働由美子アナが夜の帯番組を務めるということ、

 

相方も井ノ原快彦さんに続きまたもジャニーズである櫻井翔さんであることなどが話題となり、大きな注目を集めていました。

 

そして10月1日の就任1回目の放送では、視聴率が10.0%を記録2日も10.4%と、好調な滑り出しを見せています。

 

スポンサーリンク

体制直前にキャスト陣にトラブル

ですがこの数字をキープするのは少し難しいところ。

 

3日目・4日目は少し視聴率が下がり、今は7%~8%付近をうろうろしている感じです。

 

有働由美子アナ就任前と、そこまで大きくは変わりません。

 

 

それにnews zeroには、新体制になるにあたって様々なトラブルが発生していました。

 

前体制から引き続き、日本テレビ報道局政治部の青山和弘氏が番組出演予定だったのですが、その青山氏になんとセクハラ疑惑が報道。

 

青山氏は日本テレビの局員なので、局をクビにこそなっていないものの、他部署へ異動となり番組への出演も難しくなってしまいました。

 

安倍晋三首相からの信頼も厚く、わかりやすい説明が視聴者に好評だったのですが…

 

news zero、そして有働由美子アナにとっては大きな痛手となってしまいました。

 

大幅な変更に視聴者離れの危惧

それ以外の出演者たちも、櫻井翔さん以外はほとんどが降板。

 

フレッシュな顔ぶれといえば聞こえはいいのですが、この編成に違和感を覚えている視聴者も多いようです。

 

例えば前体制でキャスターを務めていた村尾信尚氏。

 

彼は12年間NEWS ZEROのキャスターを務めていたのですが、新体制になることが決まってからはあっさりと番組をクビに

 

間違いなく番組の功労者であり、視聴者からの評判も決して悪くはありませんでした。

 

そこまでして番組の雰囲気を変えたかったのでしょうか。

 

 

他にも同じく番組を11年間支えた板谷由夏さんや、タレントとして新たな1面をのぞかせた桐谷美玲さんなども降板。

 

これだと新しい視聴者を獲得することはできても、既存の視聴者が付いてこれなくなってしまう可能性も否めません。

 

このまま視聴率が右肩下がりなんて事態にならなければいいのですが。

 

 

 

 

いかがでしたか?

NHK朝の顔から日テレの夜の顔に転身した有働由美子アナ。

 

初回の視聴率は好調だったものの、それをキープしていかなければなりません。

 

なによりあまりにもnews zeroの顔ぶれが今までと変わりすぎているため、まだ違和感のある視聴者も多いようです。

 

これからどうなっていくのでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。