阪神タイガースの監督といえば、金本知憲監督です。

 

2016年から指揮を執り、2年目となる2017年には若手を積極的に起用しながら2位の成績を残しました。

 

ただ今年は思うような戦いができず、3位以上に与えられるクライマックスシリーズ出場も難しい状況。

 

さらにここにきてファンにブチ切れた動画が流出したという情報もあります。

 

はたして金本知憲監督はどうなってしまうのでしょうか。

 

まずは金本知憲監督のプロフィールから

【生年月日】1968年4月3日

【血液型】O型

【身長/体重】180cm/88kg

【出身地】広島県

スポンサーリンク

 

就任3年目は厳しいシーズンとなった金本監督

金本知憲監督は2016年から阪神タイガースの監督を務めています

 

超変革」をチームのスローガンに、ベテラン頼りだったチームから脱却。

 

若手選手を積極的に起用する采配を見せ、実際に多くの選手たちが1軍で躍動しています。

 

1年目こそ4位だったものの、2年目の2017年には2位となりクライマックスシリーズに出場

 

ここ10年ほどの阪神監督と比べても見劣りしないどころか、若手を起用している分だけプラスになっていたのではないかという印象です。

 

 

ただ3年目となった今年、集大成が求められるシーズンとなったのですが、勝ち切れない試合も多く10月8日には最下位が確定。

 

若手選手も全体的な底上げには成功しているものの、レギュラーをつかみ取ったといえるのは糸原健斗選手・梅野隆太郎選手くらいでしょうか。

 

糸井嘉男選手や福留孝介選手らベテラン陣頼みの状況は変わらず。厳しい声もかなり増えてきて、崖っぷちの立場に置かれています。

 

スポンサーリンク

ファンにブチ切れた動画がネットに流出

そんな中、とんでもない動画が流出してしまいました。

 

なんと金本知憲監督がファンに対してブチ切れ今にも殴りかかろうとしている様子が動画に収められてしまったのです。

 

 

 

 

 

 

この動画が撮影されたのは9月28日のこと。

 

この日はナゴヤドームで中日戦が行われ、4-3で敗れてしまっていました。

 

翌日もナゴヤドームで試合だったため、選手や監督たちはホテルで宿泊する予定だったのですが、そのホテルの入り口付近でこの騒動が起きてしまったみたいです。

 

監督を制止しようとする平田勝男コーチの姿も確認できますね。

 

 

それにしても尋常じゃない様子です。いったいファンに何を言われたのでしょうか。

 

当初出ていた情報によれば、ファンに「辞めろ」といわれたそうなのですが、それだけでここまで激昂するとも思えません。

 

もしかすると他の選手や関係者を侮蔑されたことに怒ったのではないでしょうか。

 

そう思って調べていると、ネット掲示板にはこんな書き込みがあったみたいです。

 

※『ヤニキ』は金本監督のネット上での呼称

 

これも確実な情報ではなく、あくまでネットに落ちていたものなのですが、まだこっちの方が納得できます。

 

ちなみに男の発言は藤浪晋太郎投手が一時期相手打者への頭へのデッドボールが多かったことを受けて「相手選手をつぶす気か」という旨の発言だと思われます。

 

自分のチームの大事な選手に対してこんな言われ方をしたんですから、あれだけ怒るのも無理はありません。

 

しかも球場じゃなくてわざわざホテルの入り口で言ってしまうあたり、本当に気分が悪いです。

 

 

ちなみにその藤浪晋太郎選手なのですが、翌29日の試合に先発登板。

 

見事2年ぶりの完封勝利、プロ通算50勝目を手にするという完璧なピッチングを見せていました。

 

金本監督も手放しで喜んでいましたね。「ざまあみろ」と思っていたのではないでしょうか。

 

メディアが一切報じない!球団も監督を守る姿勢

この件に関して、阪神タイガースの球団からは

 

「暴力行為等を行った事実は一切ございません」

 

とだけコメントが出されています。

 

またスポーツ紙などもこれを大々的に取り上げているところはありません。

 

阪神といえばメディアからの扱われ方も大きく、阪神が負けようものなら金本監督の批判が飛び交うのが普通なのですが、

 

今回の件に関しては不自然なくらいどのスポーツ紙も一切報道していません。

 

これは球団がもみ消したということなのでしょうか?

 

普段であれば、こういった不祥事のもみ消しはあまりイメージが良くないのですが、今回に関しては好判断だと思います。

 

球団が金本監督を守った、そういった印象を受けました。

 

 

ただこれを受けて金本監督の去就が気になるところです。

 

金本監督は2017年オフに新たに3年契約を結んでいるため、2020年まで契約が残っていることになります。

 

ですが、チームの順位的は2001年以来17年ぶりの最下位、辞任を求める声も決して少なくはありません。

 

(単に便乗して批判しているだけの人も多いですが)

 

そのうえ今回の騒動が起きてしまったのですから、責任を取って自ら進退を断つ…ということも考えられるでしょう。

 

さらにタイミングが悪いことに巨人の高橋由伸監督の辞任も発表されましたから、「由伸が辞めるんだから金本も辞めろ」という意見が飛んでくることは容易に想像できます。

 

 

もちろん若手選手を積極的に起用するという姿勢を評価して、続投を望む声もあります。

 

それに球団に守ってもらった以上は、これに恩義を感じ、きちんと契約を全うすべきだと監督自身も考えているかもしれません。

 

途中で投げ出すなんて無責任なことだけは絶対にしてほしくはありませんね。

 

いったいどうなるのでしょうか。

 

いかがでしたか?

シーズンも終わりを迎えようとしているこの時期、とんでもない動画が流出してしまいました。

 

ですがそれも野球ファンとも呼べないような人から飛んできた、大事な選手を誹謗中傷するような声に対してとった行動です。

 

たしかに褒められる対応ではないかもしれませんが、そういった姿勢を見せる金本監督に熱いものを感じました。

 

この騒動が今後の去就に関わってくるかどうかわかりませんが、ぜひとも来年まで指揮を執ってほしいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。