これまで数々の大ヒット作を世に生み出してきた名匠、スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作である「レディープレイヤーワン」に、日本人俳優として出演することになった森崎ウィンさん。

 

世界的映画監督であるスピルバーグの映画に出演なんてまさに大抜擢で、何かと話題が集まっていますね。

 

そんな森崎ウィンさんですが、日本人離れした顔つきと名前が「ウィン」ということからハーフではないか?との噂がされています。

 

実際のところは、どうなんでしょうか?今回は注目の俳優、森崎ウィンさんについて徹底調査してみました。

 

まずは森崎ウィンさんのプロフィールから

【生年月日】1990年8月20日

【出身地】ミャンマー

【身長】174cm

【血液型】O型

【事務所】スターダストプロモーション

スポンサーリンク

 

森崎はハーフではない?

日本人的顔立ちではない、きりっとシャープなお顔立ち「ウィン」という名前からするにハーフなのと思われることも多いようですが、実際のところは、どうなんでしょう。

 

それを紐解くには、森崎さんの経歴がヒントになります。

 

森崎ウィンさんの出身地は、実はミャンマーなんです。

 

ミャンマーで生まれて、幼少期はミャンマーで暮らしていました。

 

その後日本に住むようになったのは、小学校四年生からということになります。となると、日本人とミャンマー人のハーフなの?と思われるかもしれませんが、実は森崎さんのご両親はどちらともミャンマー人なんです。

 

つまり、森崎ウィンさんはハーフではありません。生粋のミャンマー人ということになります。

 


 

スポンサーリンク

 

森崎ウィンの国籍について

ミャンマー出身でご両親もミャンマー人であり、生粋のミャンマー人である森崎ウィンさんの国籍ですが、調べてみたところ国籍については定かではありません。

 

もちろん日本に来たばかりのころはミャンマー国籍だったかと思いますが、日本で暮らしはじめてから既に20年近く経っているので、日本国籍取得(帰化)の条件はしっかり満たしています

 

日本国籍取得の条件は簡単に言うと

・20歳以上である

・日本に継続して5年以上住んでいる

・日本語の読み書き話しが問題なくできる

などなど

 

ただ外国籍の芸能人が日本国籍を取得すると、たいていニュースになります。

 

森崎ウィンさんは10代のころからドラマで活躍されていますが、20歳になった時に日本国籍を取得したというニュースはありませんでした

 

それに今現在でも国籍を非公開にしているという点からも考えると、今もミャンマー国籍である可能性は高いかと思われます。

 

ちなみに本人は「日本もミャンマーも祖国」と語っていますし、日本に対して愛着がないというわけではありません。

 

 

レディープレイヤーワンでの評価

最近では日本人俳優がハリウッド映画に出演する機会も多くなりました。ただしその中でも世界的俳優として認知されるのは、まだ小数の方しかいらっしゃいませんが。

 

そんな厳しい世界の中で活躍する森崎ウィンさんの評価はどのようなものでしょう。

 

「レディープレイヤーワン」への出演のきっかけとなったのは、オーディションによるものでした。

 

オーディションの際には記憶がないほど緊張したという森崎ウィンさん。本人も半ば諦めていたようですが、なんとそれから8ヶ月後にスピルバーグ監督自らのご指名が入り出演が決まったそうです

 

世界的名匠からの評価も大変高いものとなっており、この映画への出演をきっかけに今後さらに多数の映画への出演もに期待できますね。いつか日本を代表するような、国際的俳優になってくれたら嬉しいです。

 

いかがでしたか?

 

両親はミャンマー人の森崎ウィンさんですが、日本で長く住み、日本の事を好きになって、日本の俳優として活躍してくれている事を考えると嬉しく思う人も多いでしょう。これからの国際的に活躍してくれる事を期待しましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。