イケメン俳優の反町隆史さんといえば、ドラマ「GTO」をはじめとして大ヒット作品に多数出演するほどの人気を誇っていましたよね。

 

ですが最近では話題のドラマや映画に出演することも少なくなり、仕事が減ったのではないかと噂されるようになってしまいました。ここ数年だと「相棒」シリーズに出演しているくらいでしょうか。

 

また今でこそ研音の看板俳優にまで上り詰めましたが、実は10代の頃はジャニーズに所属していました。そして仕事の減った今、ジャニーズに復帰するのではと話題になっているのです。仕事が減った理由やジャニーズとの関係について解説していきます。

 

まずは反町隆史さんのプロフィールを確認しましょう。

【本名】野口 隆史

【生年月日】1973年12月19日

【出身地】埼玉県

【身長】181cm

【血液型】AB型

【事務所】研音

スポンサーリンク

 

仕事が減った理由

全盛期に比べるとテレビでの露出が減り、あまり見かけなくなった印象ですが、仕事が減った要因は何でしょうか。

 

一つは出るドラマが低視聴率の評価を受けているためオファーがなくなったのではないかと言われています。

 

昔は視聴率を稼ぐ俳優として人気でしたが、ここ10年ほどのドラマは平均視聴率が10%前後と伸び悩むこと多くなり、人気に陰りが見えていました。

 

 

また仕事が減った要因としてはもう一つあり、愛犬のドーベルマンが同じマンションの住人を噛むという事件があります。この事件自体は慰謝料や治療費を払うことで示談が成立しています。

 

しかし噛まれた方がショックでマンションを転居することになり、マンションの管理会社側がそれに対しての解約違約金および損失した家賃収入を反町隆史さん夫婦に請求したのです。

 

この裁判に2年間にわたり行われたため、仕事に集中できる環境ではなかったのが一因していると言われています。

 

スポンサーリンク

 

ジャニーズにいた当時の活動

あまり知られていませんが、かつて反町隆史さんは甘いルックスが評価されてジャニーズ事務所に所属していました

 

本名の野口隆史さんの芸名で活動していて、ジャニーズユニットの「平家派」のメンバーと言われています。

 

光GENJIのバックダンサーで活動していて、1988年「剣の舞」では光GENJIの後ろで踊っていたようです。

 

ちなみに当時のプロフィール欄では趣味「キティちゃんグッズ集め」となっていたという噂も。

 

 

ジャニーズに復帰の可能性

しかしそれ以外には目立った活動もなく、1991年にジャニーズ事務所を退所。その後モデルとして活動しながら94年に現在の事務所である研音に所し、俳優として大ブレイクしました。

 

しかし、ここにきて再度ジャニーズ事務所に復帰するのではと噂されています

 

研音といえば竹野内豊さんや唐沢寿明さんら数多くの俳優が所属する大手事務所。であるにもかかわらず、ここ数年の俳優活動があまり活発でないことから、ジャニーズに復帰するのではという噂が出てきたようです。

 

ですが、この話はまずありえないだろうと考えています。

 

現在の事務所で俳優としての地位を確立していますし、もしかすると今は家庭のことを第一にしてドラマの仕事を抑え気味にしているだけという可能性もあります。

 

妻・松嶋菜々子さんも女優として十分な仕事がありますし、わざわざ1度やめた事務所に戻ってまで環境を変えようとは思わないでしょう。

 

いかがでしたか?

 

反町隆史さんはドラマの視聴率が低迷してしまったことやプライベートでのトラブルで、仕事が絶頂期に比べて少なくなったといえるかもしれません。

 

しかし俳優としてのキャリアは十分すぎるほどあるので、本人がその気になれば徐々に仕事が増えていくでしょう。

 

子供の頃に活動していたジャニーズですが、復帰する可能性はかなり低いと思われます。今後も研音の看板俳優・反町隆史さんのドラマでの活躍を期待しましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。