写真家「アラーキー」こと荒木経惟さんに対しモデル・KaoRiさんが告発した問題で、モデルの撮影時について水原希子さんもコメントし話題となっています。

 

ことの発端は、モデル・KaoRiさんが写真家・荒木経惟さんに対し、長年受けていた扱いや撮影などを赤裸々に書いたブログ記事。更新されたブログでは、写真家・荒木経惟さんに対しての過去の扱いにおいて告発文となっていました。

スポンサーリンク

 

まずはKaoRiさんのプロフィールから

 

 

【本名】小沢かおり

【生年月日】1976年11月6日

【出身地】東京都

【職業】モデル、ダンサー

 

次に水原希子さんのプロフィールです。

 

 

 

【本名】オードリー・希子・ダニエル

【生年月日】1990年10月15日

【出身地】アメリカ合衆国ダラス州

【身長】168cm

【スリーサイズ】B75-W60-H85

【血液型】A型

 

さらに写真家のアラーキーのプロフィールもどうぞ。

 

 

【氏名】荒木 経惟(あらき のぶよし)

【生年月日】1940年5月25日

【出身地】東京都

スポンサーリンク

 

水原希子も声を上げる

モデル・KaoRiさんが写真家・荒木経惟さんに対し書いたこのブログ記事に対し、水原希子さんも声を上げて更に大きな反響となっています。

 

写真家・荒木経惟さんに撮影してもらった際に、上半身の胸を手で隠す撮影があった時のことを水原希子さんは語りました。

 

撮影時に、20人ぐらいの社員がスタジオに来て裸を見せなければならないという撮影状況を作られたというのです。水原希子さんが20代前半の頃の出来事で、裸だから撮影中は見られたくないと伝えたけれども、写真を確認しなくてはならないからと言う理由でそのまま撮影になったそうです。

 

結局、仕事だからと拒否できないんだよと言う理由で、沢山の男性に裸を見られる環境の中で撮影を強いられた事があったと語った水原希子さんは、

 

荒木さん あなたにとって女性とは一体何ですか?

 

と、痛烈な批判のコメントがインスタグラムへ投稿されており波紋呼ぶこととなっています。

 

写真家「アラーキー」のモデルに対する扱いがひどい

モデル・KaoRiさんがブログで公開した内容によると、荒木経惟さんのモデルに対する扱いがあまりにもヒドすぎるということでした。

 

勝手に次々と写真集、DVDなどの商品が作られ売られたり、たくさんの人がいる前でわざと過激なポーズをとらせて、自分の手柄にするような言動をされたというのです。また、撮影と聞いてスタジオに行くと自分のプロモーションのための取材撮影で、勝手に部外者を入れてヌード撮影を強いられたことも何度もあったことなど荒木経惟さんがモデル・KaoRiさんへの対応を赤裸々に告白しています。

 

ブログでは、写真家・荒木経惟さんとの出会いから自分が壊れていくというところや現在までを鮮明に書かれているのです

スポンサーリンク

 

告発文の内容と#MeToo

2018年4月1日に15年間「ミューズ」と呼ばれる被写体となっていたKaoRiさんが荒木経惟さんによって与えられた数々の苦痛について文章を発表しました。

 

告発文の内容とは、出版物や撮られた写真のライセンスや報酬に関する不平等契約についてやKaoRiさん本人の同意なく部外者立ち会いのヌード撮影の強制があったことを告発しています。

 

また、NHKの撮影でKaoRiさん本人の意思に反した内容を強要され全国放送されたことや、誤った大衆イメージで日常生活が壊され精神的苦痛を被り自殺を真剣に考えるまで追い込まれたという内容でした。

 

荒木経惟さんへの人権感覚に対する強い批判内容が含まれていました。#MeTooの一環で告発を行ったKaoRiさんに、水原希子さんも同じ経験が有るということで発表し大反響となっています。女性に対する扱いへの告発に今後の動向に注目ですね。

 

 

いかがでしたか?

今回の告発を含めて、最近はインターネット上で声を上げる事によって様々な問題が浮き彫りになりつつあります。慣例として許されてきたハラスメントがあるなら、これから最低限のモラルとして厳しく対処されていくことを望みたいですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。