「どこ見てんのよ!」をはじめ、バスガイドなどの職業ネタで大ブレイクし、その毒舌ぶりも高い人気を誇った青木さやかさんをしばらくTVで見ていないと話題になっています。

個人的には女性ピン芸人の生きる道を示した芸人さんだと思っていますが、最近テレビで見ない3つの理由について探ってみましたので書いていきたいと思います。

 

まずは青木さやかさんのプロフィールから

 

【生年月日】1973年3月27日

【身長】165cm

【血液型】O型

【所属】ワタナベエンターテインメント

 

画像を見ると、テレビに引っ張りだこだった全盛期を思い出しますね。いったいどういった経緯で消えていったのでしょうか。ネタもバラエティでのキャラも良かったのに非常にもったいないですね。

スポンサーリンク

 

プライドが芸能活動の邪魔になった

青木さやかさんは芸人なのに「いじられ嫌い」らしいですね。プライベートだけでなくバラエティ番組でもイジリNGだったようです。このいじられ嫌いには理由があります。

青木さやかさんは両親が教育者(校長と副校長)という環境で育ち、家庭ではNHK以外見れなかったほど厳しかったそうです。

こんな環境で育ちながらも、大学の就職活動志望したアナウンサー試験は全て落ちてしまいました。その後何とかフリーアナウンサーとして活動するも、お笑いに転向し1996年にデビュー。

 

アナウンサー時代の画像

 

芸人デビュー時

 

この経緯を見ると、両親は芸人転向には反対だった事は間違いないでしょう。青木さやかさんも相当な覚悟でお笑い界へ足を踏み入れたのだと思います。

そして女芸人としてブレイクを果たした事で、元々高かったプライドがさらに顕著になっていったようです。

色々な苦労を経験したのちという事で、すぐにブレイクした芸人で言う「天狗になる」とはまた少し違うニュアンスなのでしょうか。

しかし番組スタッフや共演者の評判は良くなく、自慢話や説教ばかり聞かされていたそうです。

スポンサーリンク

 

有吉弘行との確執

 

良く言われるのが有吉弘行さんとの確執ですね。毒舌同士がぶつかるとこういう結果もありえるんですね(笑)

有吉弘行さんにいじられた事を青木さやかが激怒し、共演を遠ざけましたが。しかし結果としては有吉弘行さんの方が人気が高まったので青木さやかさんの出る幕がなくなったようです。

まさに自爆ですね。有吉さんが再ブレイクした今、バラエティに青木さやかさんの需要はありません。

さらにダチョウ倶楽部の上島竜兵さんの「竜兵会」でのロケでもトラブルがあったようです。上島さんに大きな恩がある有吉弘行さんはこの一件で青木さやかさんとの決別を決心したと考えられます。

この様な経緯で、お互いが嫌い合う関係「共演NG」状態ができてしまいました。

 

その後、番組の企画で表面上は和解したように映されましたが、共演することがないまま現在に至ります。

 

 

よく知られた話ですが、これが2つ目の理由です。

 

離婚も理由の一つ

青木さやかさんは2007年に3歳年下のダンサーと結婚し、2010年に第一子である女の子を出産しました。

しかし結婚生活は続かず2012年に離婚し、現在はシングルマザーです。旦那さんが海外に拠点を置く事ですれ違いが生じたのが主な原因で、ここでも青木さやかさんのプライドの高さからくる占有欲が出てしまったのかも知れませんね。

 

いかがでしたか?

今回は青木さやかさんが干された3つの理由についてまとめました。干されたと言ってもバラエティ番組の話が主です。最近では森光子さんにより471回も上演された舞台「雪まろげ」への出演も果たし、女優としての評価次第ではまだまだ活躍されるでしょう。お笑いのネタを見ても演技力があるのが分かりますので、また今後の復活&活躍が楽しみですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。