オネエタレントであるミッツマングローブさんの、

の穴に違和感を覚えた視聴者が、「鼻の整形を失敗したのか?」と疑問に思っている声が相次いでいますね。

 

 

また、普段は見ることのできないミッツマングローブさんの、

すっぴん(素顔)の画像などについても紹介していこうと思います。

ミッツマングローブ プロフィール

出典:wol.nikkeibp.co.jp

名前:ミッツマングローブ
本名:徳光修平
出身:神奈川県横浜市
生年月日:1975年4月10日
身長:182cm
体重:70kg
職業:タレント、ナレーター
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ
学歴:慶應義塾大学法学部政治学科

 

学習障害があった

出典:getnews.jp

ミッツマングローブさんは、慶應義塾大学法学部の出身で、

更には、中退しているといえ、イギリスの『ウエストミンスター大学コマーシャル・ミュージック学科』に留学していた時期もあります。

 

 

ですが、ミッツマングローブさんは「学習障害」だったことも明らかになっているんですね。

 

「学習障害」とは、

知的発達に大きな遅れはありませんが、漢字が読めない、書くことができない、話すことが出来ない。

計算になるとダメになる、推論することが出来ないなど、読む・書く・話す・計算などのある特定分野で困難を伴う障害のことです。

出典:junior.litalico.jp

頭が良くて知的に見えるミッツマングローブさんですが、

「台本・セリフが覚えられない」ってことに苦しんだこともあるようです…

ミッツマングローブの鼻の穴は整形失敗?

出典:geinouaramodo.blog.so-net.ne.jp

そして、ミッツマングローブさんの鼻に関して、ネットではこのような意見が集まっています…

 

[tweet 856124648957792256 align=’center’]

 

[tweet 855415138676899844 align=’center’]

 

[tweet 854825840147812352 align=’center’]

 

[tweet 858596784301522945 align=’center’]

 

[tweet 856863764792180736 align=’center’]

 

まー、要するに鼻が変だと…

(人間の鼻は皆コンセントですが…)

 

 

また、Yahoo!検索ページでも、

出典:Yahoo!japan

このように「失敗」とか「苦しそう」などの文字が目立ちますよね。

 

 

一部では、「整形の失敗?」などの声がありますが、

ミッツマングローブさんは2014年12月1日にこう言っています。

来年、鼻を整形しようと思っている

出典:www.excite.co.jp

ですが、整形理由に関しては、「元々、鼻がコンプレックスで、ネットでの風評が嫌だから」とのこと。

 

そして、ミッツマングローブさんは、それまで整形をしたことがなかったようで、

その理由が「親からもらった顔にメスを入れるのは申し訳ない気持ちがするから…」と。

 

 

なので、本題に戻すと、「ミッツマングローブさんの鼻の穴は整形が失敗した訳ではなく元々の形。ってことが分かりますね!

 

個人的には、そんなにおかしい鼻ではないと思うんだけどなー。

 

 

※ 結局、整形したのは鼻ではなく目のようです。

 

すっぴん(素顔)や男時代の画像も

 

そして、ミッツマングローブさんがすっぴん(素顔)の画像を公開して、その姿が”キムタク風”と言われています。

 

その画像がコチラ!

出典:www.cinematoday.jp

確かに・・・風っ!w

(案外、綺麗な顔してるかもっ)

 

この画像は、ミッツマングローブさんと知らなかったら気付かないですよね。(笑)

 

 

また、ミッツマングローブさんの男(少年)時代の画像も!

(今も男性なのですがw)

出典:happy-newnews.com

今の姿からは全然想像つかないですよね~。

 

・・・てか、めっちゃ少年w

 

 

まとめ

 

 

性別を壁をもった人って、かなり苦労して生きていたんだろうな~。って思いますよね…

 

まー、現在は自分のお店を出して、自分らしいスタイルを貫いてカッコイイですが☆

 

[tweet 765775692273516548 align=’center’]

 

店員さん?のキャラが濃いw

(行ってみると、面白いかも?w)

 

ミッツマングローブさんのお店『来夢来人』はコチラになります。

 

来夢来人の場所
  • 東京駅前にある『新丸の内ビルディング7階』

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!