ワールドトリガーが長期休載が発表され

 

作者である”葦原大介先生“の病気に心配の声が相次いでいますね・・・

 

また、ワールドトリガーが最終回になる噂も出てますので

 

それ等を調べ紹介していこうと思います^^

Sponsored Link

葦原大介 プロフィール

 

名前:葦原大介
出身:岡山県
生年月日:1981年2月13日
趣味:音楽
特技:読書
デビュー:2008年
職業:漫画家
初連載:賢い犬リリエンタール

 

ワールドトリガーが休載

引用:Yahoo!japan
引用:Yahoo!japan

少年ジャンプの大人気アニメである『ワールドトリガー』が2016年11月21日に長期休載を発表しましたね。

 

「ワールドトリガー」は今号掲載予定でしたが、葦原先生の体調不良により今号も休載、次号以降もしばらく休載いたします。今後の再開は未定です。決まり次第、本誌のほうで告知させていただきます。

引用:Yahoo!japan

 

ワールドトリガーは、2013年から連載されてましたが

 

作者である”葦原大介先生”が2015年頃から度々、体調を崩していて”1週間休載”なんて事はよくありましたが、今回ばかりは少し心配になりますよね~(泣)

 

葦原大介の病気とは?

 

葦原大介先生の体調不良とは”病気”なのですが

 

その病名とは頚椎症性神経根症みたいですね・・・

 

頚椎症性神経根症の症状とは?

 

頚椎症性神経根症は中年~高齢の方に多い病気で

 

主な症状は

  • 肩~腕の痺れ
  • 腕や手首が多い
  • 筋肉の低下
  • 感覚の障害

 

などが、現れるみたいですね・・・

 

症状の重さが軽いものもあれば、動けないほどのものもあり

 

葦原大介先生は以前「一時期、体が動かない」ほどの重い症状が発症した頃があるようなんですね。

Sponsored Link

頚椎症性神経根症の原因は?

cervical_radiculopathy_01

加齢変化による頚椎症(椎間板の膨隆・骨のとげの形成)の変化によって、脊髄からわかれて上肢へゆく「神経根」が圧迫されたり刺激されたりして起こります。遠近両用眼鏡でパソコンの画面などを頚をそらせて見ていることも原因となることがあります。

引用:日本整形外科学会

 

最終回が近い可能性も?

 

葦原大介先生の頚椎症性神経根症という病気は”完治”というのは、とても長い月日が必要のようで「リハビリを4年通っても完治しない」なんて事もあり、気長に付き合っていくしかないようなんですね。

 

以前から、病気と戦っていた葦原大介先生は

 

自らの病気を考慮し”85話”でワールドトリガーを最終回する方向だったみたいなんですね。

 

ですので、今回の”長期休載”も、もしかしたら最終回に繋げる結果になるかも知れません・・・

 

ですが、葦原大介先生の体調が一番大事ですので、今は安静にしてリハビリを頑張ってほしいですね^^

 

本文まとめ

 

いかがでしたが?

 

今回は、

  • 葦原大介先生の病気 頚椎症性神経根症
  • ワールドトリガーが最終回が近い可能性がある

 

ついて、お話しました。

 

また、葦原大介先生の作品を見れる日がくるのを楽しみにしています^^

 

最後まで読んで頂いて
ありがとうございました。

Sponsored Link