ファンの間では、チャオベラの愛称で親しまれてきていたガールズボーカルグループ。12年間も活動してきた彼女達が突如として解散を発表したのには周囲も驚きを隠せなかったようです。これまでのチャオベッラチンクエッティの活動内容と、解散の原因について解説していくので、参考にしてみてください。

 

まずはチャオベラのプロフィールから

【メンバー】諸塚香奈実、橋本愛奈、岡田ロビン翔子、後藤夕貴

【活動期間】2006年~

スポンサーリンク

 

デビューからの活動内容

チャオベッラチンクエッティは、ハロプロエッグの2004年オーディションに合格したメンバーで、当時はTHEポッシボーという名前で結成されました。

 

2007年にはハロプロエッグを卒業し、つんく♂が社長を務める会社のTNX所属になっています。フェスや路上ライブなど、地道なアイドル活動を続けていて、同じハロプロ系のグループの中でもかなり苦労したこと言われています。

 

容姿だけで売るアイドルではなく、ボーカルグループとしての実力評価を勝ち取るための地道なプロモーション活動ですね。

 

2015年にはTHEポッシボーからイタリア語で美少女5人組という意味のチャオベッラチンクエッティに改名しています。それからはハロプログループと一緒に音楽活動を中心に活動していました。

 

スポンサーリンク

 

解散の原因は?

チャオベッラチンクエッティが解散の時に更新したブログでは解散の理由を「グループに甘えずにけじめをつけたい」ということや「個人活動に力を注ぎたい」ということが挙げられていました。

 

確かに個人でそれぞれ活動している内容はあり、ラジオのパーソナリティーや女優、声優など幅広い部分で個人の力を発揮しているようです。

 

もしかすると、個人で活動していくうちに、全員が集まる日程を調整するのが難しくなったために解散を発表したのかもしれません。中には、改名したことで評判が悪くなり、解散せざるを得なかったのではとも考えられています。

 

 

改名したことによる影響は?

通常、知名度が上がってきているグループの名前を変更することは珍しいので、改名を発表した時には驚きの声がありました。

 

実際に、ファンからも名前が改名してわからなくなってしまったという評価も受けていて、炎上するきっかけにもなっているようです。

 

名前を変えることで、仕事の影響もあったのかもしれないので、改名は失敗したと言わざるを得ないのでしょうか。

 

いかがでしたか?

ハロプロメンバーとして路上ライブなど、下積みを重ねて音楽活動を熱心に行っていたチャオベッラチンクエッティですが、個人の仕事が増えたことで、グループの活動を断念したのかもしれませんが、真偽のほどはわかっていません。グループはなくなってしまいましたが、個人での仕事は今も行っているので、彼女達の今後の活躍に期待していきましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。