芸能人の中でも乳がんを告白して、手術を行ったという方は何人かいます。元SKEの矢方美紀さんも乳がんのため手術したという公表がされました。

 

痛かったことを話されていましたが、意外と元気な姿であったことは記憶に新しいかと思います。今回は、乳がん手術を行った矢方美紀さんの今までの活動と今後の活動について解説していきましょう。また、他に乳がんになった芸能人についても紹介していきます。

 

まずは矢方美紀さんのプロフィールから

【生年月日】1992年6月29日

【出身地】大分県

【身長】153cm

【血液型】O型

 

過去記事もあわせてどうぞ

元SKE48矢方美紀が乳がんで全摘出発表!詳しい内容と今後の予定は?

スポンサーリンク

 

矢方美紀の活動していた内容

2009年の11月にSKEの第三期オーディションに合格した矢方美紀さんは、2010年の12月に正規メンバーとして認められ、SKEとのメンバーと活動されていました。

 

2013年の7月にはチームSへ移籍となり、活動の場を移しています。その後、2016年の3月にはチームSのリーダーとなる活躍を見せていました。

 

しかし、2017年の2月にはSKEを卒業することを発表しています。その後、ずっと体の異変に気付いていた矢方美紀さんは、友人に相談したところ、病院に診察してもらった方がいいと言われていて、受診を決意。結果、「ステージⅡB」の乳がんであることがわかったのです。

 

乳がんであることがわかった後は「左乳房全摘出とリンパ節切除」の手術を行い、現在はすでに退院されています。

スポンサーリンク

 

今後の仕事はどうなるのか

乳がんの摘出手術を行った後は、どのような活動を行っているのかというと、変わらずタレントの仕事を請け負っているようです。

 

SKE卒業後は、「ナゴヤアニメプロジェクト」のレポーター&ナレーションなど、幅広い活動を行ってしましたが、現在は「サブカルキングダムZ」(ZIP-FM)で仕事復帰を果たして元気な姿を見せています。今後も、体調を考慮した上で、徐々に活動の幅を広げていくことでしょう。

 

 

乳がんになった芸能人

矢方美紀さん以外にも、乳がんが発覚した芸能人の方はいます。2017年6月に亡くなられた市川海老蔵さんの妻である小林麻央さんも乳がんでした。

 

最期は夫である市川海老蔵さんに「愛している」と伝えて亡くなられたのは、遺族からすると忘れられない最期の言葉であったことが想像できます。

 

元プロレスラーの北斗昌さんも2015年9月に、右乳房全摘出手術を行い、わきのリンパに転移したがんについても手術で取り除いたと告白されていました。

 

いかがでしたか?

元SKEとして活躍していて、チームSのリーダーまで務めた矢方美紀さんですが、乳がんと診察結果を報告された際は、ショックであったと話されていました。

 

現在は元気に活動されていますが、病院での診察が遅れていれば死にも繋がっていたかも知れない病気なので、これからも異変を感じたら早めの受診を心がけた方がいいでしょう。無理のない活動が続けられるよう、みんなで応援していきましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。