関西出身で、最近人気の女性芸人である尼神インターの渚さん。ツッコミ担当で、歯に衣着せぬ物言いが話題になっています。そんな尼神インターの渚さんですが、元ヤンキーでタトゥーが体に彫ってあると噂は本当なのでしょうか。詳しい情報を解説していくので、参考にしてみてください。

 

まずは渚さんのプロフィールから

【本名】鹿島 渚

【生年月日】1984年8月6日

【出身地】兵庫県尼崎市

【身長】157cm

【血液型】O型

【コンビ名】尼神インター(ツッコミ担当)

スポンサーリンク

 

デビューまでの道のり

尼神インターの渚さんが芸人としてデビューするまでは、他の仕事をして学費を稼いでいたそうです。どんな仕事をしていたのかというと、女性では珍しい大工の仕事をこなしていたといいます。

高校卒業してのことなので、18歳から5年間、23歳までNSCに入るための入学金10万円と授業料40万円を稼いだそうです。

なぜ大工の仕事を選んだのかというと、周りに大工しかいなかったため自分で考えた結果、大工の道を選んだといいます。気の強い性格なのは、この時の経験が活かされているからかもしれません。

スポンサーリンク

 

ヤンキーやタトゥーの噂

尼神インターの渚さんというと、元ヤンキーでタトゥーが体に彫ってあると噂になっています。

この話は本当のことなのでしょうか。実際に渚さんは、口調が強く、元ヤンキーと言われても頷いてしまいそうですが、実際には元ヤンキーであったというエピソードなどはなく、芸人になるために大工で学費を稼いだ話を聞く限り真面目な方であることが予想されます。

他にも、タトゥーがあるという噂ですが、今のところ彫ってある写真などが出回っていないことから、噂はデマである可能性が高いでしょう。

 

実家暮らしをしていた

実は渚さんは、32歳まで兵庫県にある実家で暮らしていたという事実がありました。そのため、炊事・洗濯などの家事全般は母親に任せていたということです。

しかし、東京での仕事が多くなるにつれ、一人暮らしを決心されています。今では、誰もいない部屋で一人暗闇で寝ることに恐怖を感じているようで、日々早く寝る努力を努めているようです。

意外にも可愛らしい一面がある渚さんは、元ヤンキーと言われていますが、箱入り娘だったことが、このエピソードでわかりました。

 

いかがでしたか?

 

人気の若手芸人である尼神インターの渚さん。元ヤンキーで怖いと言われていますが、実は学費を稼ぐために5年間、大工をしていたほど、真面目な性格であることがわかりました。また、一人暮らしが怖いと感じるほど、乙女な一面もあるので、見た目よりも可愛らしい人なのでしょう。これからメディアでの露出も増えていくことが予想されるので、今後の活躍が楽しみです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。