イエーイ!!」と終始ハイテンションな自己紹介ネタで、子供から大人まで幅広い層に大ブレイクしたお笑い芸人といえばサンシャイン池崎さんですね。2018年の年始はみんながこぞってサンシャイン池崎さんのマネをしていましたね。なんと、そんなサンシャイン池崎さんのネタにパクリ疑惑が浮上してきました。あの個性的なネタ元は何なのか、サンシャイン池崎さんの来歴と共に探っていきたいと思います。

 

まずはサンシャイン池崎さんのプロフィールから

【本名】池崎 慧(いけざき さとる)

【生年月日】1981年10月9日

【出身地】鹿児島県鹿児島市

【身長】173cm

【血液型】O型

【事務所】ワタナベエンターテインメント

 

 

サンシャイン池崎さんの来歴

サンシャイン池崎さんのご実家はタバコの栽培・製造業を営んでいるそうで、幼稚園児の頃に工場が2度火事になったこともあって「貧乏生活を送っていた」と池崎さん自ら語っています。

鹿児島県立鹿屋高等学校に入学し、高校卒業後は大分大学工学部に入学し、同大学を卒業しました。2005年4月にワタベコメディスクールに2期生として入学し、2006年3月に卒業。

それからは、大学の友人と一緒に上京した親友と、「ソニックブラザーズ」を組んで活動していましたが2007年9月に解散し、ピン芸人として現在の活動に至ります。

そして、2016年の大みそかに放送された「ダウンタウンガキの使い大晦日年越しSP『絶対に笑ってはいけない科学博士」の中で俳優の斎藤工さんがサンシャイン池崎さんのネタを完コピしたことが話題になり、一躍ブレイクします。

 

 

「空前絶後の・・」はパクリ?

終始ハイテンションで叫び続ける「テンション芸」を得意とするサンシャイン池崎さん。そのネタのルーツは一体どこにあるのでしょうか?

空前絶後の・・・」の「自己紹介ネタ」のルーツはテレビ東京系で大人気を博した熱血ロボットアニメ「天元突破グレンラガン」に登場するキャラクター「カミナ」だったと、TBSの番組「オー!!マイ神様!!」の中で語っていました。

カミナは同作の主人公・シモンの兄貴分で、ポジティブな熱い生き方や前口上などが魅力のキャラクター。カミナのポジティブで熱い生き方と毎回登場する前口上に惹かれ、ネタの中に取り入れたということでした。

また、ネタの中に挟む顔芸も、同アニメに登場するロボット「ガンメン」を参考にしているとも話していました。サンシャイン池崎さんのネタである、自身で自作したデカい剣を使ったネタや名乗りの締めの「ジャスティス!!」など、ネタに登場する単語にちょいちょいアニメやゲームっぽさを感じますよね。

そんな要素をネタに取り入れてしまうサンシャイン池崎さんなので、ネタの元がアニメのセリフというのも納得がいきます。

 

 

パクリ疑惑の真相

アニメがネタのルーツになっていたのは意外でしたが、パクリではなく影響を受けて誕生したという事が分かりました。

しかしパクリ疑惑の噂がどこから来たのかというと、TBS系番組「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」で「もしも自分のネタがパクリだと言われたら芸人はネタを続ける? 続けない?」の回でターゲットにされていたのが原因と思われます。

結果、サンシャイン池崎さんは「裁判になってもネタをやり続ける」と答えていたので、いわゆるハイテンション系芸人と認識されながらもネタには相当自信があるようです。

サンシャイン池崎さんのネタのキャラクターから、何かをごっそりパクッて来ていてもそれはそれで面白かったかもしれません(笑)  そんな芸風は許されないのかも知れませんが、サンシャイン池崎のネタとしては是非見てみたいですね。

 

 

 

いかがでしたか?

現在ブレイク中のサンシャイン池崎へのパクリ疑惑について調べてみました。タレントもそうですが、芸人さんも「〇〇系芸人」や「○○キャラ」としてくくられてしまうので、パクリ疑惑が出てきてしまうようです。一般受けの寿命が短い「テンション芸」の中でも数少ない成功例を作ったサンシャイン池崎さんの、その芸に磨きをかけて今後の更なる活躍に期待したいですね!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。