1998年に東芝EMIから「幸福論」で、メジャーデビューして以来、数々の作品を世に放ち、2016年にはリオデジャネイロオリンピック閉会式・同パラリンピック閉会式に、2020年東京オリンピック・同パラリンピックへの「フラッグハンドオーバーセレモニー」検討メンバー(プランニング担当)に就任するなど、今や日本の音楽シーンになくてはならない存在となっている椎名林檎さん。独特の世界観やサウンドで数多くのアーティストにも影響を与え続けている彼女ですが、恋愛に関しては、不倫や略奪婚、妊娠など、かなりぶっ飛んでいました。そしてたびたび囁かれる整形疑惑。今回はそれらを検証していきたいと思います。

 

まずは椎名林檎さんのプロフィールから

【出生名】椎名裕美子

【生年月日】1978年11月25日

【出身地】埼玉県

【デビュー】1998年

スポンサーリンク

 

椎名林檎の恋愛遍歴

 

2000年に、ギタリストの弥吉淳二さんと不倫が発覚。交際時、弥吉淳二さんは結婚していましたが、9月に離婚して、2000年の11月に入籍しました。

できちゃった結婚で、椎名林檎さんは初のお子さんを授かりますが、長くは続かず、1年2ヶ月の結婚生活で離婚してしまいました。

 

続いてのお相手は、故・中村勘三郎さん。椎名林檎さんがテレビで“今一番会いたい男性”として、中村勘三郎さんの名前を挙げて共演したことがきっかけでした。

その後、中村勘三郎のコクーン歌舞伎に彼女がオリジナルの楽曲を提供し、深い関係になったという。

中村勘三郎さんは、宮沢りえなど、数々の女性と不倫が有名な方でしたが、椎名林檎さんもそのひとりでした。

 

三人目は、「スラムダンク」、「バガボンド」などで知られる有名漫画家の漫画家の井上雄彦さん。雑誌で対談をきっかけに親密になったのではと言われています。

井上雄彦さんも、結婚しており子供もいるのですが、人目をはばからずイチャイチャしているところが目撃されるなど、隠す気がないようにも見えます。

 

四人目は、俳優の森山未来さん。2012年の9月に、森山未来さんが主演した舞台を観劇したことで急接近。

舞台の打ち上げ会場で、森山さんと椎名さんがとても親密な様子だったといわれています。あまりに親しげなことに、森山さんの奥さんが激怒して、彼に水をかけた、という話があります。

 

五人目は、児玉裕一さん。椎名林檎さんのバンド「東京事変」のMVを制作したり、最近ではリオオリンピックの閉会式で行われたフラッグハンドオーバーセレモニーのチーフ映像ディレクターも務めた売れっ子映像ディレクターです。

椎名林檎さんとの交際が囁かれ出した頃には児玉さんは既婚者でしたが、現在では離婚が成立し、椎名林檎さんとの間にも子供ができ、今では事実婚の状態だそうです。

しかし5回も不倫&略奪を繰り返すのはさすがにぶっ飛んでますよね(笑)かなりレベルの高いロック度と言えます(笑)

 

 

 

さらっとライブ中に告白

 

二人目の子供の極秘出産や、度重なる整形疑惑が高まる中、椎名林檎さんはライブ中のMCでそれらを面白おかしく告白。

本来ネガティブに捉えられがちな物事を、自分のキャラクターとして引き込み昇華させてしまったのでした。

不倫や略奪婚など、倫理的にあまり良いことだとは言えませんが、椎名林檎さんの世界観やクリエイティビティに欠かせないものだといわれてしまえば、認めざるを得ない気持ちになります。

今は、児玉裕一さんと事実婚の関係という事ですから、今度こそ長続きする幸せを手にしてほしいものですね。

 

いかがでしたか?

 

今回は椎名林檎さんの恋愛について書いていきました。ミュージシャンとしてのインスピレーションは重要ですが、ある意味、これだけ自由だと羨ましくも思ってしまいますね。(笑)不倫された奥様方の気持ちを察すると笑えるような事ではありませんが、椎名林檎さんの才能は本物です。ミュージシャンとしてのさらなる活躍を期待しましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。