フジテレビ系で低迷が続く月9ドラマですが、2018年4月から「コンフィデンスマンJP」がスタートすると発表されました。注目される主演には女優・長澤まさみさんが選ばれ、約11年ぶりに月9で主演を務めることが報じられました。コンフィデンスウーマンと言われる信用詐欺師の「ダー子」が解決へ導くという痛快コメディーで、長澤まさみさんがどの様に演じるのかが注目されています。 

 

 

スポンサーリンク

 

「コンフィデンスマンJP」のあらすじ

一見、平凡でどこにでもいそうな姿をした、ダー子・ボクちゃん・リチャードという3人の信用詐欺師たち。

そんなダー子・ボクちゃん・リチャードが金融業界、不動産業界、美術界、芸能界、美容業界など華やかな世界を舞台に欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる。

さまざまな業界を舞台に壮大で奇想天外な計画で信用詐欺師たちを描いた痛快エンターテインメントコメディーとなっています。

 

 

長澤まさみが月9で主演

長澤まさみさんが演じる主人公の詐欺師の「ダー子」は、短期間で天才的な知能で専門知識をマスターできる本物の天才。

大組織の秘書や海外の大物女優などさまざまな職業に変装し、芸能界や華やかな舞台で起こる事件を痛快に解決していくという、長澤まさみさんの変幻自在さも楽しみのひとつですね。また本作では、東出昌大さん・小日向文世さんが共演することも発表されています。

ボクちゃんという役を演じる東出昌大さんは、お人好しでだまされることが多く詐欺稼業から足を洗いたいとが、いつもダー子に丸め込まれてしまうという可愛い役どころとなっているようです。

そして、変装の腕が超一流で相手をだますことが百戦錬磨というコンフィデンスマンのリチャードを小日向文世さんが演じます。

 

 

「コンフィデンスマンJP」は今から注目されている

2018年4月から放送される月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」が成功すると多くの業界関係者から声が上がっていると報じられていました。

その理由には、ドラマの脚本を「リーガル・ハイ」(フジテレビ系)や現在絶賛公開中の映画「ミックス。」を手掛ける古沢良太さんが担当していることもあるようです。

長澤まさみさんと同年代の新垣結衣さんは、だいたい2年に1度のペースで、ドラマで大当たりを出しています。そしてそのきっかけともなった作品が古沢良太さんの手掛けた「リーガル・ハイ」。

「リーガル・ハイ」では主演の堺雅人さんの力という見方もありますが、新垣結衣さんはこのドラマ以降、演じる役の幅も広がりました。

最近の長澤まさみさんはアンダーアーマーのCMで見せた豪快なダンスや、ミュージカル「キャバレー」で新たな一面が見られ今後の活躍に注目が集まっています。

低迷が続く月9枠ですが、「コンフィデンスマンJP」は大ヒット間違いなしとの声も多く上がっていて注目の作品となっているようです。

いかがでしたか?今回は11年ぶりにフジテレビ月9ドラマを務める長澤まさみさんについえ書いていきました。ドラマのスタートが待ち遠しいですね。良ければ他の長澤まさみさんの関連記事もどうぞ。

 

長澤まさみのニューヨーク留学はいつ?英語力や歌唱力は!?

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。