2017年6月23日に兼ねてより闘病生活を送られていた小林麻央さんが亡くなられたことが報道されました。

 

人気キャスターでもあり、34歳という若さでこの世を去ったことに多くの方が悲しまれたでしょう…

 

 

そして、夫である市川海老蔵さんが会見を開き、正式に小林麻央さんのことを伝えられました…

 

 

なので、今回は、市川海老蔵さんの会見動画コメント全文について迫っていこうと思います。

スポンサーリンク

【動画あり】市川海老蔵の会見全文!

 

では、早速ですが、市川海老蔵さんの会見動画をご覧ください。

 

けさ、家の前にも多くのマスコミの方がいらっしゃいました。ご報告するのも義務かなと思います。

 

昨日夜に妻・麻央が、旅立ちまして、それによりまして、いろいろとございます。

 

家族の時間や家族でしなければらなないこと、家族で話すべきこと、子どもたちとのことで、思った以上に皆さんに伝わったのが早かったので、多くの方にご迷惑がかからないように、ブログやアナウンサー時代から妻のことを応援してくださった方々へのご報告と言うことでこのように時間を設けさせて頂きました。

 

本日はどうぞよろしくお願いします。

 

 

Q麻央さんと最期の時はどんな言葉を交わされました?

 

私は昨日も舞台でして、それまで麻耶さんと麻央のお母さんと、ずっと看病をしていました。私は昨日、舞台が終わった後に別の撮影がありまして、また別の稽古がありました。

 

その時にお母さんからLINEがきていたのですが、僕は見ることができず、一時間半ほど遅れて見た内容が、具合が悪いからお医者さんからも家族を読んだ方がいいと言うことで、私も急いで家に帰ったわけです。

 

帰りまして麻央はこの世にいてくれて、たまたま、本当にたまたまなんですが、私が妻の前に座って、呼吸が苦しそうだったので、大丈夫なのかなと、おとといまではしゃべれたのですが、昨日まではしゃべれずにいたので。

 

これは不思議な話ですが、息を引き取る瞬間、私は見てました。そのとき、これは本当に不思議なんですが、「愛している」と言って、彼女が…その一言を言って、…泣いちゃいますよね。その一言、愛しているといって、本当にそれでそのまま旅立ちました。

 

彼女が…旅立つ間際に愛しているって…「る」が聞こえたか、聞こえなかったかわからなかったんですけど、愛している…って旅立ったのがちょっと。こんなに愛されていたのはよくわかっていたんですけど、最後の最後まで愛していてくれたことに…何とも言えませんね。

 

すみません。昨日の今日で何も準備ができていなくて…。

 

 

Q最期、ご自宅でおくってあげることができたのがよかったのかな、と思われます。

 

それは、とてもよかったと思います。お母さまもお父さまも私もお兄さまも麻耶さんも。子どもたちもずっとそばにいられたので、すごくよかったなと。病院で、私は父は病院で亡くしたので…病院のときと、違う…、家族の中で、家族と共に一緒にいられた時間と言うのは、本当にかけがえのない時間を過ごせた。

 

 

Qお子さまも含めて皆さまでおくることができたということですか。

 

子どもたちも見ていました。

 

 

Q麻央さまは辛い中でも勇気、愛情、笑顔がありました。そんな麻央さんの生き方についてはどうでしたか。

 

笑顔と勇気と愛情、そして決してぶれない自分、どんな状況でも相手を思いやる気持ち、愛ですよね。

 

そういった力が、最後までぶれず、おとといまで笑顔で、笑顔ででした。きのうはちょっと調子が悪くて、急にそうなったので戸惑った部分も大きかったです。

 

(麻央には)この世にあるありとあらゆる言葉を耳元で話しました。

 

私のどんな部分もどこまでも愛してくれていた。存在っていうのは…。うーん…まあねえ、存在ねえ、できればずっと一緒にいて、私の方が先に逝って、彼女にはもっと幸せに楽しく家族やお友達や麻央さんのお父さまやお母さま、僕が役者として成長してきた過程をずっと見守ってもらいたかった存在です。

 

 

Q麗禾ちゃんと勧玄くんのご様子は?

 

麗禾は、きのうはずっと麻央のそばを離れませんでした。そして、彼女の横で、ずっと寝ると言っていました。認識はしていると思いますね。

 

勧玄はわかっているんですが、わかっていないところもあって、今日の朝も麻央の横になっている所に2人が麻央の顔を触ったり足をさすったり、手を握ったり。そういうところを見ると…、私が今後、背負っていくもの、やらなくてはならないこと、子どもたちに対して、とても大きなものがあるなと、そういう感じがしました。

 

勧玄はまだわかっていますけど、わかっていないと思います。

 

 

Q奥さまから学んだことなど、これからどんなことを伝えていきたいですか。

 

元気になったら彼女は自分が歩んできた過程の病や乳がんやそれに伴う病に対して、こうしたい、ああしたい、多くの人の救いになれる存在になりたいと一生懸命闘病しました。

 

それでブログも始めたんですよ。マスコミさんのおかげで公になって、ありがたかったと思いますよ。ブログと言うものをはじめて、同じ病の人達や苦しんでいる方々と悲しみや喜びを分かち合う妻の姿は私からするとなんか、人ではないと言うか、なんか、なんというんですかね、すごい人だなと、言い方おかしいですが。

 

総合的に教わったこと、これからも教わり続けるのは愛なんだと思います。

 

 

Q.思い出される表情は?

 

全部です。
初めて会った時の彼女…から今日の朝まで全部です。笑顔が多かったと思います。

 

 

Q.子供については?

 

心残りだと思います。2人のことについて、どうすればいいんだろうと考えても答えが出なかったと思います。

 

いろんなこともあり、今回も子供たちと7月に出る、せがれが出るんですが。それを見に来ることをひとつの目標にしていろんなものを作ったんですが、きっと見ていると思うんでね、心配で心配でしょうがないんじゃないでしょうか。

 

 

Q託されたことはありますか?

 

ちょっと多すぎて言葉に出せないですよね。
これからも、このあとも舞台もありますし、子どもの稽古もありますし、子供の成長のこともありますし。
5歳と4歳ですから、これからお母さんという存在が彼女や彼には非常に大事な存在ではないですか、それを失った、僕は代わりはできないですが、できるだけのことはしたいです。

 

 

Q.麻央さんがよく言っていた言葉は?

 

やはり、言葉と言うか、お姉さん、麻耶さんが調子悪くなった時、私も舞台で非常に疲れてしまった時も、麻央の方がもっと重い病にかかっている。

 

そして、お母さんが看病で疲れているときも、彼女は自分よりも相手のことを心配するやさしさ、言葉と言うより、どこまでも自分より相手のことを思う気持ち、これは一番多かったですね。

 

 

Q今、改めてどんな奥さんでしたか?

 

わかりませんね。僕を変えた奥さんなんじゃないですかね。

 

 

Qプロポーズの時に「来世も一緒にいよう」とありましたが。

 

そのつもりです。その話もしました。ですが、僕が愛想つかされないように頑張らないといけないのかな。(麻央は)よろこんでいました。

 

 

Q.麻央さんのどういう表情が思い浮かびますか?

 

きょうなんで、こういうところも聞いていると思うので、全部聞いていると思うので、言うことは言わなくても伝わると思うので、いつも想っているということです。

 

麻央のブログや麻央の存在で励まされた人もいると言うことで、実際こういうことをご報告することもどうかと思いましたが、多くの麻央のことを応援してくださった方、麻央とともにたたってくださったがいたので、きのう先に旅立ちましたが、ずっと麻央は皆様のそばにいると思うので、本当にいろいろとありがとうございました。

出典:houdoukyoku.jp

スポンサーリンク

市川海老蔵 プロフィール

出典:ameblo.jp

名前:市川海老蔵
本名:堀越寶世
愛称:海老さま、海老ちゃん
襲名歴:、七代目市川新之助 、十一代目市川海老蔵
出身:東京都
生年月日:1977年12月6日
身長:176kg
体重:80kg
血液型:AB型
職業:歌舞伎役者、俳優

 

市川海老蔵の”強さ”に感動

 

会見動画をご覧になられた方は、おわかりと思いますが、

先日に愛する奥さんが亡くなられたとは思えないほどの受け答えで、

市川海老蔵さんの”強さ”が凄いでていましたよね。

 

 

 

 

 

 

一部、市川海老蔵さんの涙がこぼれ落ちた時は、もらい泣きをしていまいました…

 

 

市川海老蔵さんは、会見前の12時には自身が主演を務める舞台を披露し、

会見後の17時からも舞台があるというハードなスケジュール。

 

 

現在、精神的にも参っているはずの市川海老蔵さんですが、本当に”強さ”を感じますよね…

 

 

普通の方なら、会見を開くどころか仕事もできない状態になるでしょう…

 

小林麻央に対するネットの声

 

そして、現在まで、一生懸命に闘病生活を送たれら小林麻央さんには、以下のようなお言葉が相次いでいます。

 

 

 

 

 

 

本当に無念…ですね…。

ステージ4の癌で転移なども度々、報道されていましたが、皆が「麻央ちゃん頑張ってー!」という気持ちだったでしょう。

 

自身の状況を発信していたブログも、亡くなられる2日前まで更新を続け読者様に勇気を与え続けられていました。

 

 

これで、また命の大切さが多くの方に、しみじみ伝わったでしょう…

 

 

我々、1人1人のことを大切に思ってくれている方たちがいることを忘れず、

「自分なら大丈夫」と思わずに、定期的に検査へ行くことが最善の予防に繋がるかもしれませんね。

 

 

小林麻央さん。安らかに天国にいかれることを祈っております。

スポンサーリンク