2017年6月22日に発売された『週刊新潮』にて、

衆議院・豊田真由子議員が秘書に対する暴言の音声を報道し話題になっていますね。

 

とても、衆議院議員が発するような言葉の数々に、言葉がでないほどの衝撃を受けました…

 

 

また、過去には園遊会にて最凶伝説を語り続かれている事件などもあり、

ネットでは「議員を辞職しろ!!」などの声があります…

 

 

なので、今回は、豊田真由子議員に関する、それらに事件について迫っていこうと思います。

スポンサーリンク

豊田真由子議員 プロフィール

出典:dokujyoch.net

名前:豊田真由子
出身:千葉県
生年月日:1974年10月10日
血液型:A型
職業:厚生官僚、政治家、衆議院議員
所属政党:自由民主党

 

東京大学法学部⇒ハーバード大学大学院のエリート才女

 

豊田真由子議員は衆議院議員になるだけあって、学歴は世界トップクラスの高学歴となっています。

  • 中学:桜蔭中学校
  • 高校:桜蔭高等学校
  • 大学:東京大学法学部
  • 大学院:ハーバード大学大学院

 

こうしてみると、かなりのエリート才女であることがわかりますよね。

 

 

そいて、2012年には参議院議員にも当選し、2015年にはオリンピック・パラリンピックの大臣政務官にもなりました。

 

  • 国会で演説している様子がコチラ。※10秒程度で話し方の雰囲気を感じ取っていただければと思います。

 

豊田真由子議員の秘書に対する暴言音声がヤバい

 

しかしながら、美しい顔は表向きの顔で、

豊田真由子さんの裏の顔?を『週刊新潮』がスクープしました。

 

 

なんでも、豊田真由子議員の元秘書からのタレコミで、その音声データが以下の動画になります。

 

 

  • 豊田真由子議員 「このハゲーーーーーーっ!!」
  • 男性秘書 「いや、すみません。ちょ、関係者さんに行って頂く連絡をということで…」
  • 豊田真由子議員 「ちーがーうーだーろー、ちがうだろーっ!!!」
  • 男性秘書 「すみません、ちょっ、運転中でもあるので…」
  • 豊田真由子議員 「関係者から話を聞いて、関係者が行けっつったんだよ!!」
  • 男性秘書 「もうすいません、あの、叩くのは、申し訳ないです…」
  • 豊田真由子議員 「おー、お前はどれだけ私の心を叩いている!!!」
  • 男性秘書 「はい…あの…その痛みはもう…」
  • 豊田真由子議員 「わかってないよ!!」
  • 男性秘書 「いや、叩くのは、すいません」
  • 豊田真由子議員 「お前はどれだけ私の心を叩いている、○×※□×言いたいよ!」
  • 男性秘書 「はい…」
  • 豊田真由子議員 「これ以上私の評判を下げるな!!!」

 

「ん…?本人…?」って疑ってしまうような音声データになっていますよね…

 

1発目が『このハゲーーーー』って…(笑)

 

 

他の内容からしても明らかな暴言であることが分かります。

 

 

この音声データの報道に対しネットでは以下のような声が相次いでいますね。

 

 

 

 

 

まー、確かに、これが本当の顔だとするなら、言いにくいですがガッガリするような内容ですよね。

 

とてもじゃありませんが、世界トップクラスの才女でも安心して議員を任せられるようには皆思わないでしょう…

 

 

また、豊田真由子議員の事務所は1年半で20人以上の秘書が退職していて、明らかに異常なことが判明しています。

スポンサーリンク

園遊会で最凶伝説と語り継がれる行動を

 

そして、豊田真由子議員は2014年に開かれた園遊会でも最凶伝説と語り継がれている行動を取ったことがあるようですね。

園遊会(えんゆうかい)は、天皇・皇后が主催する野外での社交会(宴会)である。

出典:wikipedia.org

 

その行動とは以下の通りです。

出典:i1.wp.com
  • 豊田真由子議員は園遊会に招待されていない母親を無理やり入場させた。

 

園遊会といえば、皇族の方たちの社交会のため招待されていない人間が入場するなど決してあってはならないでしょう。

 

そしら不届きな行動に多くの方が悲鳴をあげていたというニュースですね。

 

 

やはり、皇族関係者の方が出席される社交会では、もし何かあれば一大事なため、個人の身勝手な行動は喜ばれるものではないでしょう。

 

数々のモンスター行動に辞職を求める声

 

そして、今回の音声事件や園遊会事件などに対してネットでは「辞職しろ」などの声が相次いでいます。

 

 

 

 

 

これから、事実確認の会見などは行われるのでしょうか…

 

速報があれば臨時追記していきます。

スポンサーリンク