2017年5月に発売された『週刊新潮』にて、

ジャーナリスト・山口敬之さんの女性問題が掲載されました。

 

 

『週刊新潮』が掲載した謝罪メール全文や、

詩織さん(被害女性)が記者会見する事態になっており話題になっていますね。

 

 

また、安倍政権が関わっているなどの噂もあるので、それらについて迫っていこうと思います。

スポンサーリンク

山口敬之 プロフィール

出典:yahoo.co.jp

名前:山口敬之
出身:東京都
生年月日:1966年5月4日
デビュー:1990年
職業:政治部記者
肩書き:元TBSテレビワシントン支局長、ジャーナリスト
学歴:慶應義塾大学経済学部

 

山口敬之が『週刊新潮』で女性問題報道

出典:www.asyura2.com

もう既に、山口敬之さんの問題をご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

山口敬之さんが犯した女性問題とは”性”のトラブル。

 

 

被害にあわれた詩織さんは、以下のコメントをしています。

酔って記憶を無くした経験は一度もありません。

ワインボトル3本あけても、全く平気でいられる私が記憶を無くすほど飲むというのは絶対ない。

だから私は薬(デート〇〇〇ドラッグ)を入れられたんだと思っています。

出典:www.shinchosha.co.jp

このことが事実なら、断じて許せない行為ですね。

 

 

しかし、山口敬之さんは不起訴となり、その理由がコチラです。

第三者の目撃やビデオなど直接的な証拠がないと(起訴が)難しい

出典:yahoo.co.jp

言わゆる”証拠不十分“ってことですね…

 

このような事件で”目撃”や”ビデオ”が無いケースって少なくないと思うのですが、その場合、全てが不起訴となってしますのでしょうか…

 

謝罪メールの全文

 

そして、週刊誌『週刊新潮』で公開された謝罪メールの全文がコチラになります。

出典:jijijitu.xyz

※ 文字が小さく見にくくて申し訳ないです。

 

かなり赤裸々に詳細が示された内容となっていますね…

スポンサーリンク

被害者女性が記者会見

 

そして、被害女性となった詩織さんが、顔出し+実名で記者会見を開きました。

 

 

※ 左から2番目の女性が詩織さん

 

今回の山口敬之さん不起訴にあたって、以下のコメントをしています。

結果が私にとって受け入れられるものではなかった。捜査で不審に思う点もあった

出典:yahoo.co.jp

捜査自体に不審感を覚えたようですね。

 

 

また、詩織さんの弁護士は以下のようにコメントしていました。

詩織さんは検察から、「準強姦罪の場合、第三者の目撃やビデオなど直接的な証拠がないと(起訴が)難しい」と言われた

 

西廣陽子弁護士は、「目撃証言やビデオがないと難しいというのはありえない。準強姦罪の場合、否認事件でも起訴されて有罪になったケースはたくさんある」

出典:yahoo.co.jp

やはり、このコースでの罪では、物的証拠がないことも多いようなので、今回の不起訴処分には違和感を覚えているようですね。

 

安倍政権が事件を揉み消したとの噂も

出典:kukkuri.jpn.org

あまりここに関しては疑いたくないが、ネットでは以下のような声が相次いでいます。

 

 

 

 

 

 

「山口敬之の不起訴処分には安倍政権が関わっていたからでは?」という声ですね。

 

著書『総理』を発売

 

そのような疑惑の目が向くのは、山口敬之さんは以前に『総理』という本を販売しています。

出典:yahoo.co.jp

また、安倍政権御用達のジャーナリストとしても有名なので、「国が裏工作した」って思われているんですね。

 

最近は、森友学園や加計学園の問題があったから、余計に疑われてるのでしょう。

 

ネットでの反応は

出典:saigaijyouhou.com

そして、山口敬之さんに対するネットの声は以下のようになっています。

 

 

 

 

 

んー、まあ妥当っちゃ妥当の意見ですか…

 

 

しかし、山口敬之さんはフェイスブックで罪は犯していないと主張しています。

私は法に触れる事は一切していない

当局の厳正な調査の結果、違法な行為がなかったという最終的な結論が出ている

出典:yahoo.co.jp

 

ですが、ふたりがホテルに向かったタクシーの運転手が言うには、詩織さんは車内でこう言っていたそうです。

近くの駅で降ろして

出典:yahoo.co.jp

また、ホテル入口の防犯カメラでも歩けていない様子が確認されており、

明らかに意識がない状態“だったみたいですね。

 

 

今回の、事件について現段階ではなんとも言えないですが、

間違いなく続報が報じられるはずなので、新しい情報が入り次第追記していきます。

スポンサーリンク