大人気youtuberとなったヒカルさんですが、

なんと、、、youtubeの月収4000万あると暴露し話題になっていますね!(笑)

 

「さすがに冗談だろう…」なんて思いますが、恐らくガチ。(笑)

 

 

また、動画作成にかかっている経費や企画費なども計算し手取り金額を予想していこうと思います。

スポンサーリンク

ヒカル(youtuber) プロフィール

出典:menskamigata.com

名前:ヒカル
出身:兵庫県
生年月日:1991年5月29日
身長:175cm
職業:youtuber、会社経営
事務所:NextStage

 

ヒカルが月収4000万と発表

 

月収4000万…わけわからん数字ですよね。(笑)

出典:blog.esuteru.com

3月、4月とも4000万~5000万ほどあったようなので、ざっくり計算で1億。

 

一般人が20年ほどかけて稼ぐ金額を、たった2ヵ月で稼ぐ25歳。

 

完全に異端児だわっ。(笑)

 

 

 

さすがに、ネットでも衝撃を隠せない人たちが多くて、

 

 

 

 

 

 

youtuber…また増えるでしょうねー。(笑)

 

 

そして、ヒカルさんが月収を暴露したのが、5/2日に投稿されたコチラの動画です。

 

 

youtubeの動画収入は、基本的に『1pv=0.1円』

 

ヒカルさんの、4月の再生回数は1億ちょいと言っているので、動画再生からの収入は1000万円ほど。

 

 

ってことは…企業案件の金額がバカ大きいってことが言えますねー。(笑)

 

 

経費(企画費)はいくら?

 

そして、さっきの動画の中では、

出典:blog.esuteru.com

と、「稼いだお金の半分は企画日に突っ込んでいこうと思ってます」と言ってますよね。

 

ですが、これは「思ってます」なので未来系。

 

 

少なからず、月収4000万稼いだ4月は半分も使ってないことが分かります。

 

 

そして、ヒカルさんがyoutubeに使ったであろう経費は、

 

ヒカルの経費(企画費)
  • 4月のプレゼント企画 (約150万)
    月始めに高評価数をプレゼント金額にすると発表

 

  • 1動画あたりの平均企画費 (約5万×約40本=200万)
    どの動画か忘れましたがヒカルさん平均企画費5万って言ってました。

 

  • 人件費、事業費 (約150万円ほど?)
    YouTube部隊 (名人、まえっさん、店長など…)

 

ぐらいかな?

 

4月に作成した動画本数しっかり把握していなんですが、恐らく40本ぐらいだろうと。

(毎日、動画観れるんで、ボクの感覚信じて下さいw)

 

 

なので、経費は約500万ほどじゃないかと思います。

 

 

そして経費を引くと、「4000万-500万=3500万」

そこから、ざっくりですが、税金で半分取られるので、

 

ヒカルさんの手取り月収は、1700万ほどじゃないかと思います^^

 

1700万でもヤバいですがwww

スポンサーリンク

youtubeって誰でも稼げるのか

出典:hide-goldy.com

まー、月収1700万も、誰でも「俺もやってみたいっ!!」って思いますよね。(笑)

 

成功すれば、ガチで夢のような生活が待っています。

 

 

ですが、ヒカルさんはyoutuberを目指す人に対して、このようなことを言っています。

 

 

まー、そりゃそうですよねー…

その業界でも成功するのはほんの一握り…

 

 

上手くいっている人だけをみるのではなくて、上手くいっていない人も考慮すべきなのかも知れません…

 

本当は月収4000万じゃない

 

そして、ヒカルさんは実は月収4000万(経費、税抜き前)ではないことが濃厚です。

 

なぜなら、彼には「金髪起業家」としての顔もあるからですね。

出典:ツイッター

21歳の時かな?

既に起業で月収1,200万円を稼いでいたことがあるんですね。

 

そして、現在も会社経営を行っています。

 

 

月収4000万ってのはyoutubeだけの収入であり、会社の収入などに関しては別だと。(笑)

 

 

なので、youtubeの収入+月収1000万上乗せ。

ってのが、本当の収入ではないかと個人的に思っています。

 

 

去年の夏ぐらいの動画かな??

月収4ケタと下回ることはない。

 

って、ヒカルさんが言っていたので、恐らくそれぐらいじゃないかと。

 

 

まー、とりあえず彼は異端児(カリスマ)です。(笑)

 

 

今後も収入など、ぶっちゃけていくでしょうから、月収1億突破…

 

なんて、言われる日もくるかも知れません。(笑)

スポンサーリンク